初心者は要チェック!マザーボードの規格・フォームファクタ(大きさ)についてのまとめ

Z170 PRO GAMING初心者は要チェック!マザーボードのフォームファクタ(大きさ)・規格・種類についてのまとめ。

はじめに

この記事ではマザーボードの規格、フォームファクタ、種類についてまとめています。主なフォームファクタのみをまとめます。

フォームファクタとは

大雑把に言うと「部品の大きさ」のこと。マザーボードだけでなく、SSDやHDDなどでもフォームファクタという言葉が使われています。

Extended-ATX(EATX)

Extended-ATXの基板サイズは305mm×330mm(30.5cm×27.2cm)。ATXを大型化した規格。あまり主流ではありません。

Z170, X99チップセットを搭載したゲーマー向けマザーボードの最上位モデルや、ワークステーション向けのマザーボードのフォームファクタがこのExtended-ATXです。

ATX

Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION

ATXの基板サイズは305mm×244mm(30.5cm×22.4cm)。製品数が一番多く、自作PCでマザーボードを選定する際に主流となるのがこのATXです。

価格comやAmazonのランキングで1位のマザーボード「H170-PRO」のフォームファクタはATXです。

microATX

Z170M MORTAR

microATXの基板サイズは244mm×244mm(23.5cm×22.8cm)。ATXに次いで製品数が多く、ATXと同じく自作PCでマザーボードを選定する際に主流となるのがこのmicroATXです。

microATXはATXよりもサイズが小さいので拡張性がなく、拡張スロット数やSATA3ポートなどのコネクタ数が削減されます。

Mini-ITX

Z170I GAMING PRO AC

Mini-ITXの基板サイズは170mm×170mm(17cm×17cm)。Extended-ATXよりも製品数が多く、ATXやmicroATXよりも数が少ないのがこのMini-ITXです。Mini-ITXのマザーボードは主にリビング用PC、ホームシアターPC、小型PCを組みたい時に使われます。

Mini-ITXはmicroATXよりもサイズが小さいので更に拡張性がなく、拡張スロットは多くても2つ(1つだけも多い)、メモリスロットが4つから2つに、SATA3ポートが6個から4個と結構ガッツリ削減されます。

「Mini-ITXで組みたいんだ!(*^◯^*)」という人以外はATXやmicroATXのマザーボードにしたほうが無難です。

 

以上。参考になれば幸いです。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-マザーボード, 解説
-