初心者は要チェック!マザーボードの規格・フォームファクタ(大きさ)についてのまとめ

Z170 PRO GAMING初心者は要チェック!マザーボードのフォームファクタ(大きさ)・規格・種類についてのまとめ。

はじめに

この記事ではマザーボードの規格、フォームファクタ、種類についてまとめています。主なフォームファクタのみをまとめます。

フォームファクタとは

大雑把に言うと「部品の大きさ」のこと。マザーボードだけでなく、SSDやHDDなどでもフォームファクタという言葉が使われています。

Extended-ATX(EATX)

Extended-ATXの基板サイズは305mm×330mm(30.5cm×27.2cm)。ATXを大型化した規格。あまり主流ではありません。

Z170, X99チップセットを搭載したゲーマー向けマザーボードの最上位モデルや、ワークステーション向けのマザーボードのフォームファクタがこのExtended-ATXです。

ATX

Z170A XPOWER GAMING TITANIUM EDITION

ATXの基板サイズは305mm×244mm(30.5cm×22.4cm)。製品数が一番多く、自作PCでマザーボードを選定する際に主流となるのがこのATXです。

価格comやAmazonのランキングで1位のマザーボード「H170-PRO」のフォームファクタはATXです。

microATX

Z170M MORTAR

microATXの基板サイズは244mm×244mm(23.5cm×22.8cm)。ATXに次いで製品数が多く、ATXと同じく自作PCでマザーボードを選定する際に主流となるのがこのmicroATXです。

microATXはATXよりもサイズが小さいので拡張性がなく、拡張スロット数やSATA3ポートなどのコネクタ数が削減されます。

Mini-ITX

Z170I GAMING PRO AC

Mini-ITXの基板サイズは170mm×170mm(17cm×17cm)。Extended-ATXよりも製品数が多く、ATXやmicroATXよりも数が少ないのがこのMini-ITXです。Mini-ITXのマザーボードは主にリビング用PC、ホームシアターPC、小型PCを組みたい時に使われます。

Mini-ITXはmicroATXよりもサイズが小さいので更に拡張性がなく、拡張スロットは多くても2つ(1つだけも多い)、メモリスロットが4つから2つに、SATA3ポートが6個から4個と結構ガッツリ削減されます。

「Mini-ITXで組みたいんだ!(*^◯^*)」という人以外はATXやmicroATXのマザーボードにしたほうが無難です。

 

以上。参考になれば幸いです。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

SIMのみ契約で最大1万円キャッシュバック!

UQモバイルでSIMのみ契約すると最大1万円キャッシュバック!(auやpovoからは除く)

スマホ契約時は値引きがあるのでSIMフリー版を買うよりも、UQモバイルでスマホを買ったほうが安く済む可能性が高いですよ!

楽天モバイルは最安無料&楽天回線なら使い放題!

  • 楽天回線エリアならデータ通信使い放題
  • プラン料金3ヶ月無料や楽天ポイント還元
  • 1GB以下なら月額無料
  • Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

2021年6月18日からSIMのみ+他社から乗り換えで契約すると楽天ポイント合計最大2万ポイント還元!

通常は5000ポイント還元なので1万5000ポイント増額しています!終了日未定なので楽天モバイルの契約を検討している人はお早めに!


ワイモバイル公式でスマホ契約すると最大2万1600円値引き!SIMのみ契約も特典あり!

関連記事



  • この記事を書いた人

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-マザーボード, 解説
-