ドコモより安価なスマホ「MONO MO-01K」発売。docomo with対象機

投稿日:2017/11/30 更新日:


ドコモより安価なスマホ「MONO MO-01K」発売。docomo with対象機です。





株式会社NTTドコモは11月30日、Androidスマートフォン「MONO MO-01K」を発売開始しました。

ドコモオンラインショップでの価格は、一括2万5272円。分割1053円の24回払いになります。

MONO MO-01Kのスペックは以下の通り。

サイズ(高さ×幅×厚さ)約142mm×約69mm×約8.9mm
質量約153g
OSAndroid 7.1
ディスプレイ(サイズ、ディスプレイ方式、発色数)約5.0インチ
TFT
約1677万色
ディスプレイ解像度(横×縦)HD(720×1280)
CPUQualcomm MSM8940
1.4GHz+1.1GHz
オクタコア
内蔵メモリ(RAM/ROM)3GB/32GB
外部メモリ(最大対応容量)microSDXC(256GB)
バッテリー容量2800mAh
防水機能/防塵(ぼうじん)機能○/○(IPX5、7/IP5X)
VoLTE/VoLTE(HD+)○/-
連続待受時間(静止時[自動])(LTE/3G/GSM)約550時間/約610時間/-
連続通話時間(LTE/3G/GSM)約630分/約720分/-
電池持ち時間約90時間
受信時最大速度/送信時最大速度150Mbps/50Mbps
Bluetooth(対応バージョン)○(4.2)
アウトカメラ(有効画素数、F値)約1320万
2.2
インカメラ(有効画素数、F値)約500万
2.2
ワンセグ/フルセグ-/-
生体認証
スグ電
非常用節電機能○(緊急省電力モード)
ハイレゾ
HDR動画再生対応-
UIMnanoUIM
充電端子USB Micro-B
公式サイトMONO MO-01K

MONO MO-01Kは、一括700円として話題を集めた前モデル「MONO MO-01J」の後継となる、MONO第2世代のスマートフォンになります。

「MONO」はドコモが独自に企画し、ブランドとして展開としている格安スマホに対抗したシリーズで、ZTEが製造しています。

ディスプレイサイズは5.0インチ、CPUにSnapdragon 435、メインメモリが3GB、ストレージが32GBを搭載しています。

キャップレス防水対応であり、iPhoneのようなマナーモードのONOFF切り替えスイッチもついています。

おサイフケータイやワンセグ、生体認証は搭載されておらず、外部端子はmicroUSBです。

名前の通りモノトーンの白黒2色展開、とてもシンプルなデザインとなっています。着信音や壁紙もMONO専用を搭載。

docomo with対象機種

MONO MO-01Kは、docomo with対象機種となります。

docomo withとは、NTTドコモが5月24日に発表した格安スマホ対抗の新しい割引サービスです。

対象機種を購入し、対象の料金プラン、パケットパックを契約している間は、毎月の料金から1500円が割引となります。

従来の月々サポートはありませんが、その代わり契約2年目も、3年目以降も、対象条件で契約している間は毎月1500円割引が適用されます。

対象端末を購入時点で対象の料金プラン、パケットパックを契約していなければならず、後から契約するとdocomo withは適用されないので注意が必要です。

前モデルは端末購入サポートが適用され一括700円という価格で話題になりました。

新モデルでは端末購入サポートが適用されない代わりにdocomo with対象機種になり、仮に2年使い続けると本体価格が実質マイナス約1万3000円になります。

 

ドコモオンラインショップでは、頭金が無料、機種変の方は事務手数料が無料、不要なオプションをつけなくてもいい、待ち時間なしで24時間申し込み可能、送料無料などのメリットがあります。

MONO MO-01K の購入はドコモオンラインショップから!

  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-スマートフォン, ニュース
-, ,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.