公安9課

*

第2世代ライカダブルレンズカメラ搭載。ファーウェイ HUAWEI P10レビュー

   

HUAWEI P10 review-17

第2世代ライカダブルレンズカメラ搭載。ファーウェイ HUAWEI P10レビュー。

HUAWEI P10レビュー

HUAWEI P10 review-1

外箱。

HUAWEI P10 review-2

中身。HUAWEI P10本体、クイックスタートガイド、SIMピン、リモコン付きヘッドセット、USB type-Cケーブル、充電器、純正ケースが付属しています。

HUAWEI P10 review-3

 

HUAWEI P10 review-4

指紋センサーは前面下部に搭載。HUAWEI P10 liteやHUAWEI P9は背面に搭載されています。

 

 

 

HUAWEI P10 review-7HUAWEI P10 review-5本体背面。サンドブラスト加工されています。要は少しザラザラしています。爪切りのヤスリみたいな感じです。

メインカメラはダブルレンズになっており、1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー、開口部F2.2 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム、4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)/ 4K動画撮影 に対応。

インカメラは800万画素 (開口部F1.9 / FF)。

HUAWEI P10 review-13.本体上面。

 

HUAWEI P10 review-9本体底面にはイヤホンジャック、USB type-Cコネクタ、スピーカー。

 

HUAWEI P10 review-15.

本体右側面には電源ボタンとボリュームキー。

HUAWEI P10 review-12.

本体左側面にはSIMスロット。

HUAWEI P10 review-16.

SIMスロットはnanoSIM×2。ただし、SIMスロット2とmicroSDスロットは排他仕様になっているため、microSDカードを使いたい場合はSIMスロット2/nanoSIMは使えません。

AnTuTu Benchmark

Screenshot_20170627-145932

HUAWEI P10のAnTuTu Benchmark

Screenshot_20170507-035639HUAWEI P9(Android 7.0アップデート時)のAnTuTu Benchmark

AnTuTu Benchmarkのスコアは137283。HUAWEI P9のスコアは97853。間違いなく性能は上がっています。

初期メモリ・ストレージ容量

Screenshot_20170626-193446

Screenshot_20170626-193431

 

指紋センサーはナビゲーション機能としても使える

Screenshot_20170626-193659

Screenshot_20170626-193704

Screenshot_20170626-193707

Screenshot_20170626-193712

指紋センサーはナビゲーションキーとしても使えるようになっています。

  • 【戻る】ナビゲーションキーの中央をタップすると前の画面に戻る(支払い、認証、登録画面を除く)
  • 【ホーム画面】ナビゲーションキーの中央を長押しするとホーム画面に戻る(支払い、認証、登録画面を除く)
  • 【起動中のタスクの表示】ナビゲーションキーを左右にスライドすると起動中のタスクが表示される
  • 【Googleアプリ】画面の端から上にスワイプするとGoogkeアプリが起動

 

Screenshot_20170626-193720

Screenshot_20170626-193729

もちろん従来通りにナビゲーションキーを表示させることも、順番を変更することも可能。なれない人は普通にナビゲーションキーを表示させるといいでしょう。

SIM周りについて

SIMスロット1は4G/3G/2Gのデータ通信および音声通話、SIMスロット2は3G/2Gの音声通話のみに対応しているため、日本においては4G+3Gの同時待ち受けが可能になっています。

対応している周波数帯は以下の通り。

  • FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
  • TDD-LTE : B38/39/40/41
  • W-CDMA : B1/2/4/5/6/7/19
  • GSM : 850/900/1800/1900MHz

ocomo回線やSoftBank回線での使用を前提としています。LTE通信で困ることはないでしょう。また、FOMAプラスエリアと呼ばれているW-CDMA Band 6/19にも対応しているので気にする人も安心して使用できます。ちなみにFOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)には対応していないので注意。

au回線を使用した通信サービスには対応していません。周波数帯的には問題なく使えそうですが。

Screenshot_20170627-163808

Screenshot_20170627-163814

Screenshot_20170627-163818

標準でプリインストールされているAPNは以上の通り。主要MVNOは網羅されています。

Screenshot_20170627-164515

Screenshot_20170627-164553

docomo純正のnanoSIMを入れてスピードテスト。問題なくデータ通信できます。通信速度は田舎なのでこんなもんです。

カメラレビュー

IMG_20170702_111950飛行機内からの青空

IMG_20170630_132658ビル

mde

mde

夜景

IMG_20170705_141002

パンケーキ

IMG_20170705_141003

チキン南蛮

Singapore-CHATTERBOX-4ココナッツアイス

 

 

以上。簡単ではありますがHUAWEI P10のレビューでした。シンガポール旅行から本格的に運用しましたが、パフォーマンスは文句無く、現地のプリペイドSIMを挿してもAPN設定不要で自動でつながり、写真も綺麗に撮れます。

しかしながら、店内の照明の位置や明るさにもよるんですが、撮った写真がやたらと明るくなっていたり、ナイスフードモードで撮影すると白くなっていることがありました。ここは改善してほしいところです。また、夜景も光源が少ないと微妙な感じになります。

細かいところでカメラに不満はありますが、総合的な満足度は高いです。

 

 

なお、BIGLOBE スマホではHUAWEI P10を取り扱っており、スマホとSIMを同時に契約すると最大2万円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンが実施されています。

BIGLOBE-201707-campaign-2

音声通話SIMの3ギガプランは7000円キャッシュバック、6ギガプランと12ギガプランは1万2000円キャッシュバック、20ギガプランと30ギガプランは2万円キャッシュバックになっています。データSIM(データ通信のみ、データ通信SMS付き)に関してはプラン問わず一律5000円キャッシュバック。

 

BIGLOBE スマホの申し込みは以下のリンクから。

家族でおトクな格安【BIGLOBEスマホ】24カ月間1,430円(税別)/月~




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!


  「第2世代ライカダブルレンズカメラ搭載。ファーウェイ HUAWEI P10レビュー」をSNSでシェア



  関連記事



PREV
ASUSよりUSB type-C接続の15.6型FullHDモバイル液晶「MB16AC」発売
NEXT
シンガポール オーチャード・ロードのCHATTERBOXで27ドルの高級(?)チキンライスを食べた

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。