Google Pixel 6 実機レビュー

Google Pixel 6レビュー。

Google Pixel 6フォトレビュー

外観

外箱。

付属品。

1 m USB-C - USB-C ケーブル(USB 2.0)、クイック スタートガイド、クイック スイッチ アダプター、SIM ツールが付属しています。

本体前面。

ディスプレイは6.4インチ(2400×1080)の有機ELディスプレイを搭載しています。リフレッシュレート最大90Hz対応の「スムースディスプレイ」に対応しています。

Corning Gorilla Glass Victus のカバーガラス、高輝度モード、コントラスト比1,000,000:1、HDRサポート、24ビットフルカラー(1600万色)を搭載しています。

画面上部にスピーカー、画面内に指紋認証センサーも搭載されています。

ラボテストで、Gorilla Glass Victusは固く粗い表面への耐落下性が最大2mまで向上しています。競合のアルミノシリケートガラスの場合、通常80cmに満たない高さからでも破損してしまいます。Gorilla Glass Victus は、耐擦傷性でもCorning® Gorilla® Glass 6から最大2倍向上しています。競合のアルミノシリケートガラスに比べると、最大4倍の耐擦傷性を有しています。

本体背面。

左から50メガピクセルの広角カメラ、12メガピクセルのウルトラワイドカメラ、LEDフラッシュを搭載しています。

50メガピクセル広角カメラは、画角82°、超解像ズーム最大7倍に対応しています。

12メガピクセルウルトラワイドカメラは、画角114°、LDAF(レーザー検出オートフォーカス)センサー、OIS(光学式手ぶれ補正機能)、スペクトル センサー、フリッカー センサー、高速なカメラ起動に対応しています。

NFCはGoogle ロゴ(Gマーク)の下らへんにあります。

本体上部。上部マイクのみ搭載しています。

本体底面。

スピーカー、USB-Cポート、マイクが搭載されています。

本体右側面には電源ボタン、音量大小ボタンがあります。

本体左側面にはSIMカードトレイがあります。

 

 

SIMカードトレイはnanoSIMのみ搭載可能です。

スペック詳細

OSAndroid 12
CPUGoogle Tensor
Titan M2 セキュリティ コプロセッサ
ディスプレイ6.4 インチディスプレイ
アスペクト比 20:9
FHD+(1080 x 2400)OLED、411 ppi
スムーズ ディスプレイ(最大 90 Hz 対応)
Corning Gorilla Glass Victus のカバーガラス
高輝度モード
コントラスト比 1,000,000:1
HDR サポート
24 ビット フルカラー(1,600 万色)
メモリ8GB
ストレージ128GB
256GB(ソフトバンクのみ)
アウトカメラ50メガピクセル(広角)
12メガピクセル(ウルトラワイド)
インカメラ8 メガピクセル
Wi-Fi2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz
HE160、MIMO
BluetoothBluetooth 5.2
防水防塵IP68
SIMデュアルSIM
(nanoSIMとeSIM)
おサイフケータイ
生体認証ディスプレイ内指紋認証
イヤホンジャック
ワイヤレス充電
バッテリー容量4614mAh
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約74.8×158.6×8.9mm
重量約207g

Google Pixel 6の特徴

  • Google 初の純正プロセッサ Google Tensor を搭載
  • Android 12をプリインストール
  • 5G対応
  • 50メガピクセルのセンサーを搭載。Google Pixel 5 のメインの背面カメラと比較して、メインセンサーで取り込む光量が最大 150% アップ
  • 新機能の消しゴムマジックを使えば、Google フォトで数回タップするだけで、写真に写り込んだ通行人などの不要なものを消せる
  • リアルタイム翻訳機能を搭載
  • レコーダー アプリが日本語に対応。レコーダーを使用すると、音声の録音、音声の文字変換、音声ファイルの検索ができる

初期ストレージ容量(目安)

Google Pixel 6のストレージ容量は128GBで、初期設定後は13GB使用しています。

 

AnTuTu Benchmark v9.1.9でベンチマーク(複数回測定)

AnTuTu Benchmark v9.1.9で複数回ベンチマークしてみました。1回目が685341、2回目が688156、3回目が606683でした。3回目の測定ではGPUとメモリのスコアの低下が目立ちました。

1回目で35.3度まで上昇、2回目で36.7度まで上昇、3回目で最大39.5度まで上昇しました。

 

カメラ作例

 

 

 

 

夜景

広角カメラで撮影。

ウルトラワイドカメラで撮影。

広角カメラとナイトモードで撮影。別にナイトモードを使わなくてもきれいに撮れます。

広角カメラで撮影。

広角カメラで撮影。

広角カメラで撮影。

広角カメラで撮影。

機能面について

消しゴムツールで人やいらないものを消せる

消しゴムツールを使うと人やいらないものを消せますが、夜景や風景で人が写り込んでいて、建造物などと被っているときは、人が消えた部分も消えます。

レコーダーアプリで文字起こしができる

レコーダーアプリを使ってリアルタイムで文字起こしが可能です。会議で議事録を取る人は便利そうです。

おサイフケータイ・Google Payに対応

Pixel 6はおサイフケータイ/Google Payに対応しています。

Google Pixel 6はFeliCaを搭載しています。おサイフケータイによるiDなどの電子マネーやPASMOなどの交通系ICを使用することが可能になりました。

駅の改札やお店などで読み取り機にGoogle Pixel 6をかざすだけで支払いが完了します。

対応している電子マネーは、nanaco, Suica, WAON, 楽天Edyです。

Google Pay に次の非接触型のお支払い方法を追加すると、非接触型決済を使えるお店でおサイフケータイを使って購入できるようになります、

  • 電子マネー(Suica、Edy、WAON、nanaco)
    • 日本で発行されたほとんどのクレジット カードをチャージに使用できます。
  • プリペイド カード、デビッドカード、クレジット カード(QUICPay、iD、VISA Touch)

Google Pay 対応のカードと販売者について、詳細をご確認ください

重要: 電子マネー、QUICPay、iD の機能を利用できるのは日本のみです。

画面内指紋センサーを搭載

Google Pixel 6には画面内指紋センサーが搭載されています。指紋センサーで指紋を登録して指紋認証を行えます。

指紋は複数登録できるので、両方の親指人差し指を登録することもできます。

Google Pixel 6のネットワーク/デュアルSIMカード周りについて

対応している5G周波数帯まとめ。Sub-6のみ対応でmmWave(ミリ波)は非対応

日本版Google Pixel 6(モデル GR1YH)が対応している5G周波数帯は、Sub-6のみ対応でmmWave(ミリ波)は非対応です。

対応している5G Sub-6の周波数帯は以下の通り。

  • 5G Sub-6 : 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78

ドコモが使用している5G周波数帯はn78と79で、Google Pixel 6はn78のみ対応しています。

auが使用している5G周波数帯はn77とn78で、Google Pixel 6はn77とn78どちらも対応しています。

ソフトバンク(ワイモバイル)が使用している5G周波数帯はn77で、Google Pixel 6はn77に対応しています。

対応している4G周波数帯まとめ。どのキャリアの回線でも使用可能

  • FDD-LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71

ドコモ/ahamo/格安SIMのドコモ回線プランで使える?

ドコモが使用している4G周波数帯はLTE Band 1/3/8/19/21/26/28/42です。

Google Pixel 6はLTE Band 21以外はすべて対応しています。

LTE Band 21はドコモから発売されるAndroidスマホですら対応していないことがあるので、別に対応していなくても問題ありません。

au/povo/UQモバイル/格安SIMのau回線プランで使える?

使えます。auで販売していますし、UQモバイルでも動作確認されています。

auが使用している4G周波数帯はLTE Band 1/3/11/18/26/28/42です。

Google Pixel 6はLTE Band 11以外はすべて対応しています。

LTE Band 11はauから発売されるAndroidスマホですら対応していないことがあるので、別に対応していなくても問題ありません。

ソフトバンク/ワイモバイル/LINEMO/格安SIMのソフトバンク回線プランで使える?

使えます。ソフトバンク本家で販売していますし、LINEMOやワイモバイルで動作確認されています。

ソフトバンク(ワイモバイル)が使用している4G周波数帯はLTE Band 1/3/8/11/28/42です。

Google Pixel 6はLTE Band 11以外はすべて対応しています。

LTE Band 11はソフトバンクから発売されるAndroidスマホですら対応していないことがあるので、別に対応していなくても問題ありません。

楽天モバイル回線は使える?

楽天モバイルは2021年10月30日時点ではまだ動作確認が実施されていません。

楽天回線のLTE Band 3、パートナー回線のLTE Band 18/26に対応しているので、理論上はGoogle Pixel 6で楽天モバイル回線利用できます。

Pixel 5a(5G)まで動作確認されているので、Google Pixel 6もそのうち実施されると思います。

DSDS対応

Google Pixel 6はDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

Pixel 3a 以降の Pixel スマートフォンでは、物理的な SIM カードと eSIM の 2 つの SIM を使用できます。テキスト メッセージの送受信や通話など、どの操作にどちらの SIM を使うかを選択できます。この機能は、デュアル SIM デュアル スタンバイ(DSDS)と呼ばれます。

DSDS と eSIM は一部の携帯通信会社で利用できます。お使いのスマートフォンで利用できるかどうかは、ご契約の携帯通信会社にお問い合わせください。日本で購入した Google Pixel 3a では、2 つの SIM を使用することはできません。

重要: デュアル SIM モードの Google Pixel 4a (5G) 以降のスマートフォンは、5G ネットワークに接続可能です。

重要: この手順の一部は、Android 11 以降のみを対象としています。お使いの Android のバージョンをご確認ください

eSIMに対応

Google Pixel 6はeSIMに対応しています。ahamo/povo/LINEMOなどでeSIMを契約して、eSIMをインストールして使うことができます。

eSIMで契約すれば最短即日で回線が使えるようになるのでオススメです。

発売時はauとソフトバンクのみ対応

*1 Google Pixel 6 は 5G Sub 6 に対応し、発売時は KDDI株式会社 とソフトバンク株式会社のネットワークのみに対応します。他の携帯通信会社ネットワークは今後 OTA を通じて対応する予定です。Google Pixel 6 Pro は 5G mmWave と Sub 6 に対応し、発売時は KDDI とソフトバンクのネットワークのみ対応します。他の携帯通信会社ネットワークは今後 OTA を通じて対応する予定です。詳しくはサポートページをご確認ください。

使ってみた感想

いいところ

  • Androidバージョンアップデートは2024年10月まで、セキュリティアップデートは2026年10月まで提供が保証されている
  • リフレッシュレート90Hz
  • 写真が綺麗
  • レスポンスが良い。動作がカクつくことはない
  • eSIMに対応しているので、最短1時間程度で回線が使えるようになる
  • おサイフケータイ対応
  • ワイヤレス充電に対応
  • IP68準拠の防水・防塵性能を備えている。傷が付きにくい Corning® Gorilla® Glass Victus™ のカバーガラスを採用

個人的にイマイチなところ・気になるところ

  • 207gあるので重いといえば重い
  • さすがに片手では操作しづらい
  • 顔認証非対応
  • microSDカードスロットが無い
  • Wi-Fiを1回の操作でオフにできない
  • 指紋認証センサーの反応があまりよくない
  • ナビゲーションバーの順番を入れ替えられない(戻るキーを右、タスクキーを左に変更できない)
  • 画面ロックを解除するときに、番号を入力ただけでは解除されず、「→キー」を押さないとダメなのがウザい

日本はGoogleストア、auとソフトバンクから発売

Google Pixel 6は、日本だとGoogleストア、auとソフトバンクから発売されます。

Googleストアから販売される端末はSIMフリーです。auとソフトバンクから販売されるGoogle Pixel 6もSIMフリー状態で販売されます。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, レビュー