CORSAIRより1600Wの80PLUS TITANIUM電源「AX1600i」発売

投稿日:


CORSAIRより1600Wの80PLUS TITANIUM電源「AX1600i」が発売されます。


国内正規代理店のアスクは2018年4月20日、CORSAIR製の80PLUS TITANIUM電源「AX1600i」を2018年4月28日より発売することを発表しました。市場想定価格は7万4000円前後。

AX1600iのスペックは以下の通り。

製品名 AX1600i
定格出力 1600W(115V-240V)
1300W(100V-115V)
規格 ATX12V v2.4、EPS 2.92
PFC Active PFC
搭載ファン 140mm 流体軸受ファン×1
80PLUS 80PLUS TITANIUM
入力電圧 100~240V
入力周波数範囲 50~60Hz
入力電流 9~15A
出力 +3.3V:30A
+5V:30A
+12V:133.3A
-12V:0.8A
+5VSB:3.5A
コネクタ 20+4ピン メインコネクタ×1
4+4ピン EPS/ATX12Vコネクタ×2
6+2ピン PCI-Eコネクタ×10
15ピン SATAコネクタ×16
4ピン ペリフェラルコネクタ×9
4ピン フロッピーコネクタ×2
最大動作温度 50℃
MTBF 100,000時間
保護装置 OVP、OCP、OTP、SCP、UVP、OPP
安全規格 FCC、ICES、CE、cTUVus、C-TIck/RCM、TUV、CB、CU、KC、CQC、RoHS、WEEE、RoHS (China)、REACH
本体サイズ 150(W)×86(H)×200(D) mm
重量 約2.6kg
保証期間 10年

AX1600iは80PLUS TITANIUM認証を取得した1600Wの電源ユニット。

トーテムポール型のGaNトランジスタを採用し、変換効率を向上。20~100%負荷時において、90%以上の高い電源変換効率を実現しています。また、すべてのコンデンサに日本メーカー製の105℃コンデンサを採用。

変換効率や内部温度などをモニタリングすることができるソフトウェア「CORSAIR LINK」に対応しており、付属のUSBケーブルを接続することでファンスピードの調整や過電流保護ポイントの変更など行うことができます。

140mmの冷却ファンを備え、低負荷時にファンを停止させて騒音を低減する「Zero RPM Fan Mode」にも対応。

ケーブルは着脱可能なフルモジュラー式を採用しています。サイズは150(W)×86(H)×200(D) mm。

関連記事




  「CORSAIRより1600Wの80PLUS TITANIUM電源「AX1600i」発売」をSNSでシェア

  • この記事を書いた人

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-ニュース, 電源ユニット
-

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.