ASUSのR.O.G.シリーズX99マザー「ROG STRIX X99 GAMING」発売

ROG STRIX X99 GAMING

ASUSのR.O.G.シリーズX99マザー「ROG STRIX X99 GAMING」が発売されます。

ASUSは2016年6月3日、Intel X99チップセットを搭載するゲーマー向けマザーボード「ROG STRIX X99 GAMING」を日本市場向けに発売することを発表しました。本日より販売が開始され、本体価格は税抜4万5000円前後となっています。

ROG STRIX X99 GAMINGのスペックは以下の通り。

製品名STRIX X99 GAMING
チップセットX99チップセット
フォームファクタATX
CPUIntel Core i7 Xシリーズプロセッサ
ソケットLGA2011-v3
対応しているメモリDDR4-3333~2133
(XMP, クアッドチャネル対応)
メモリスロット数8(最大で128GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート8
SATA Express1
M.21(32Gb/s)
U.21
【拡張スロット】
PCIe 3.0/2.0 x163
(x16, x16/x16, x8/x16/x8 mode with 40-LANE CPU)
(x16, x16/x8, x8/x8/x8 mode with 28-LANE CPU)
PCIe 3.0/2.0 x12
【その他】
LANポートIntel I218V
無線LANIEEE802.11 a/b/g/n/ac
2.4/5GHz帯・MU-MIMOサポート
BluetoothBluetooth 4.1
オーディオROG SupremeFX
【バックパネル】
PS/21(keyboard/mouse combo)
LAN(RJ45)1
USB3.1 type-A1
USB3.1 type-C1
USB3.04
USB2.04
オーディオジャック5
USB BIOS Flashback Button1
ASUS Wi-Fi Go!モジュール1
サポートOSWindows 10 64bit
Windows 8.1 64bit
Windows 7 32bit/64bit
製品公式ROG STRIX X99 GAMING | マザーボード | ASUS 日本

 

ROG STRIX X99 GAMING-1

ROG STRIX X99 GAMINGはASUSの製品シリーズの中で最上位かつ、PCゲーマーおよびオーバークロッカー向けに特別に設計を行った製品シリーズ。「ROG STRIX」モデルはその中でも得に、これからPCゲームを始めたいというライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広く対応できるようにした製品になっており、ゲーム用の様々な機能を搭載しています。また、VRにも対応しています。

ROG STRIX X99 GAMING-2

使用時にマザーボード中央のR.O.G.ロゴとバックパネルカバーのSTRIXロゴの下のライン、拡張スロットのロック部分が光るイルミネーション機能「ROG Aura」を搭載。マザーボードよりスタイリッシュに演出できます。

安定性を高めたASUSが独自に開発したLGA2011-v3完全互換の独自ソケット「OC Sokect」、負荷によって変動するCPUの要求電力に対してより早く正確な電力供給を行うASUSオリジナルの電源回路「DIGI + VRM」、電力管理を専門に行う「EPU」チップ、オーバークロック関連の制御を行う「TPU」チップ、プラスチックに加えて金属を使用し大幅に耐久性を向上させたPCI Express x16スロット「SafeSlot」、高性能ファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載しています。

ゲームを楽しむ際に、よりクリアで迫力のある音が楽しめる「SupremeFX」を搭載。オーディオ回路のデジタルエリアとアナログエリアを分離してアナログ回路へのノイズの侵入を抑え、マザーボード単体でクリアな音質を実現、300Ωのインピーダンスに対応するヘッドホンアンプを搭載し、高性能なハイインピーダンスヘッドホンにも対応しています。

LANはCPU負荷が低いことで定評のあるIntel製LANコントローラーの「Intel I218-V」を搭載。Intel製LANコントローラーはTCPとUDPのスループットが高いことも特徴で、使用環境によってはほかのLANコントローラーよりも大幅な性能向上を実現します。

ゲーマー向け機能としては、ゲームのデータ通信の優先度を上げる事でネットワークゲームのタイムラグを減らす「GameFirst IV」、ゲーム内の音がする方向を画面上にグラフィカルに表示する「Sonic Radar II」機能を搭載しています。

 

ポートも機能もてんこ盛りですが、映像出力端子が一切搭載されていないので別途グラフィックボードも購入が必要になります。リッチな人はASUSのGTX1080グラフィックボードと組み合わせるといいでしょう。





Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら
ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

© 2020 公安9課