ASUSより「TUF gaming」シリーズ初となるミドルタワーPCケース発売

投稿日:


ASUSより「TUF gaming」シリーズ初となるミドルタワーPCケース「TUF Gaming GT501 Case」が発売されます。

ASUS JAPAN株式会社は2019年2月25日、The Ultimate Force (TUF) Gaming シリーズ初のミドルタワーPCケース「TUF Gaming GT501 Case」を2019年3月1日より発売することを発表しました。市場想定価格は2万2000円前後。

スペックは以下の通り。

Case SizeATX Mid Tower
フォームファクター(サイズW×D)ATX/micro ATX/Mini ITX/EATX (12”x10.9”)
ドライブベイ2.5”/3.5” コンボ ×4、2.5” ×3
ファン対応前部 140mm×2または120mm×3 (120mm ×3搭載済み/Aura RGB)
上部 140mm×2または120mm×3
後部 140mm×1または120mm×1 (140mm×1搭載済み/PWM)
拡張スロット7+2 (additional vertical)
前面インターフェースUSB 3.1 Gen1×2
ヘッドフォンジャック×1
マイクロフォンジャック×1
ラジエータ対応前部 360mmサイズまで
上部 360mmサイズまで
後部 140mmサイズまで
拡張カードスペース最大420mm
対応CPUクーラー高さ最大180mm
対応電源最大240mm
質量10.5 kg
サイズ幅 251 × 高さ 552 × 奥行き 545 mm (WxDxH)

TUF Gaming GT501 Caseは、耐久性を重視したThe Ultimate Force(TUF)Gamingシリーズでは初となるミドルタワー型のPCケース。

厚さ1.5mmの亜鉛メッキ鋼で構成されており、擦り傷やひっかき傷などに強いコーティングが施されています。また、上部には人間工学に基づいてテストされた2本の綿織のハンドルを搭載し、最大30kgまでのPCを安全に運ぶことが可能。

ダストフィルターは取り外しが可能。密閉されている上部と前面のフィルターはすばやく取り外すことができ、下部のダストトラップは簡単に出し入れができるので、メンテナンスに便利になっています。

前部にはAura Syncに対応した120mmが3つ搭載されており、対応マザーボードと組み合わせることで様々なライティング設定が可能。サイドにはスモークガラス製のパネルが搭載されています。

対応フォームファクタはATX/micro ATX/Mini ITX/ExtendedATX(12×10.9インチまで)、ドライブベイは2.5/3.5インチシャドウベイ×4、2.5インチシャドウベイ×3、拡張スロットは7+2。

冷却ファンは前部が140mm×2または120mm×3、上部が 140mm×2または120mm×3、後部が140mm×1または120mm×1まで対応。ラジエータは前部360mmまで、上部360mmまで、後部140mmまで。

グラボは最大420mm、CPUクーラーは最大180mm、電源ユニットは最大240mmまで対応。

インターフェースはUSB 3.1 Gen1×2、ヘッドフォンジャック×1、マイクロフォンジャック×1。サイズは幅 251 × 高さ 552 × 奥行き 545 mm (WxDxH)、重さ10.5kg。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-PCケース, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.