ASUSよりIntel B365搭載micro ATXマザー「TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)」発売

ASUSよりIntel B365搭載micro ATXマザー「TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)」が発売されます。

ASUS JAPAN株式会社は2019年8月22日、Intel B365を搭載したmicro ATXマザーボード「TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)」を2019年8月23日から発売することを発表しました。市場想定価格は1万4000円。

スペックは以下の通り。

  • 製品名 : TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)
  • 対応CPU : 第9/8世代 Intel Core, Pentium Gold/Celeron プロセッサ
  • 対応ソケット : LGA 1151
  • チップセット : Intel B365
  • 対応メモリ : DDR4-2666×4(最大64GB)
  • 拡張スロット : PCIe 3.0x16×2, PCIe 3.0x1×1
  • 画面出力端子 : DisplayPort×1, HDMI 1.4b×1, DVI-D×1
  • ストレージ機能 : M.2×2, SATA 6Gb/s×6
  • USB機能(外部/内部) : USB 3.1 Gen 1×6 (4/2), USB 2.0×6 (2/4)
  • 無線機能 : IEEE802.11 ac/n/a/g/b、Bluetooth 4.2 (Wireless-8821CE搭載PCIE TO M.2 WIFI CARD使用時)
  • ネットワーク機能 : 1000BASE-T×1
  • フォームファクター(サイズ): microATX(244mm×241mm)

TUF B365M-PLUS GAMING (WI-FI)は、チップセットにIntel B365を搭載したエントリー向けのmicroATXマザーボード。

ミリタリーグレードのチョークコイルである「TUFチョークコイル」に、ミリタリーグレードかつ発熱量が少ない「TUF MOSFET」や、通常のコンデンサよりも+20%の温度耐性と5倍の長寿命を実現した「TUFコンデンサ」を搭載。

CPUファンとケースファンの回転速度を温度に応じて細かく制御できる「Fan Xpert 2+」も搭載。

高い耐久性を持つ強化拡張スロットの「SafeSlot Core+」を採用しています。

ASUS Aura Sync RGBイルミネーションに対応しており、アプリケーションから自分好みの光り方をコントロールすることが可能。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダを搭載しています。

PCIeスロットに接続することで無線でのネットワーク、Bluetoothでの接続が可能になるRealtek Wireless-8821CE Wi-Fiモジュールを搭載したPCIE TO M.2 WIFI CARDが付属しています。

格安SIMでお得なキャンペーン実施中!

UQモバイルのSIMカード/eSIM契約でau PAY残高還元!スマホは最大2万200円値引き!

  • eSIMで契約すると最短45分でUQモバイルが開通!SIMカードは間に合わなくてもeSIMなら間に合うかも?
  • SIMのみ契約するとau PAY最大1万3000円相当還元!
  • 他社から乗り換え+増量オプションⅡ加入でiPhoneが最大2万2000円割引!
  • auでんきやauのインターネットサービス(ネット+電話)を利用している人は自宅セット割が適用!1人でも最安で月額990円から利用可能!

ahamoがオススメ

  • ドコモの高品質な4G/5Gネットワークが利用できる
  • 基本料金月額2970円(機種代金別途)
  • 月間データ容量20GB
  • 国内通話5分無料付き(超過後は22円/30秒)
  • SIMカード/eSIMのみで契約できるし、スマホとSIMを購入も可能

  • この記事を書いた人

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-