ASUSからsTRX4対応マザー「ROG Zenith II Extreme Alpha」発売。OC向け強化版マザー

ASUSからsTRX4対応マザー「ROG Zenith II Extreme Alpha」が発売されます。

     

ROG Zenith II Extreme Alpha発売

ASUS JAPANは2020年3月26日、90Aに対応したPowerStage電源回路、オーバークロック向け強化版マザーボード「ROG Zenith II Extreme Alpha」を3月27日より発売することを発表しました。

ROG Zenith II Extreme Alphaのスペックは以下の通り。

  • 製品名:ROG Zenith II Extreme Alpha
  • 対応CPU:第3世代 AMD Ryzen™ Threadripper™
  • 対応ソケット:Socket sTRX4
  • チップセット:AMD TRX40
  • 対応メモリ:DDR4-4733×8 (最大256GB)
  • 拡張スロット:PCIe 4.0 x16×4
  • ストレージ機能:M.2×3、M.2×2 (付属のSO-DIMM.2拡張カード使用)、SATA 6Gb/s×8
  • USB機能:USB 3.2 Gen 2x2×1、USB 3.2 Gen 2×9、USB 3.2 Gen 1×8、USB 2.0×3
  • 無線機能 : Wi-Fi 6 IEEE802.11 ax/ac/n/a/g/b、Bluetooth 5.0
  • ネットワーク機能:10GBASE-T×1、1000BASE-T×1
  • フォームファクター:Extended ATX(310mm×277mm)

16のInfineon TDA21490パワーステージ、ProCool IIパワーコネクタ、極細合金チョーク、10Kコンデンサを搭載。「ROG Zenith II Extreme」にくらべ、よりオーバークロック時の安定性が向上しています。

AMD Ryzen Threadripperの64レーン機能を最大限に活用し、最大20のPCIeデバイスを同時に接続できます。

すべてのPCIe x16スロットおよびM.2スロットはPCIe 4.0で配線されており、ボードはAquantia 10 Gbpsイーサネットと最新のWi-Fi 6(802.11ax)の両方を搭載。最新のUSB 3.2 Gen2x2規格のポートも搭載しています。

ヒートシンク内にあるカスタムDelta Superfloファンは60°C以上で作動し、500ワット以上の持続的な消費電力を処理できます。

チップセットのアルミニウム製ヒートシンクの下には、60°C以上で稼働開始するファンを搭載。 SoC VRMは、このファンのエアフローの経路にも配置されており、メモリオーバークロック中も冷却状態を維持します。

ポイント

  • オーバークロッカー向けに最適化・強化されている
  • 最大5台のM.2 SSDを搭載可能
  • 10 Gbpsイーサネット、MU-MIMOサポート付きWi-Fi 6(802.11ax)を搭載
  • 全てのスロットがPCIe 4.0で配線


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-,

© 2020 公安9課