ASUSから3連ファン搭載ハイエンドグラボ「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」発売

2020/03/05

ASUSから3連ファン搭載ハイエンドグラボ「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」が発売されます。

ASUS JAPAN株式会社は2020年3月5日、GeForce RTX 2080を搭載したグラフィックボード「ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING」を2020年3月6日より発売することを発表しました。市場想定価格は10万9000円前後。

スペックは以下の通り。

  • 製品名 :ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING
  • グラフィックスコア:NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPER
  • ブーストクロック : 1,860 MHz (OCモード時 1,890 MHz)
  • ベースクロック : 1,650 MHz
  • メモリスピード : 15.5 Gbps
  • メモリインターフェース:256bit
  • ビデオメモリ:GDDR6 8GB
  • 搭載ポート:HDMI 2.0b×2、DisplayPort 1.4×2、USB Type C×1
  • 電源コネクタ : 8ピン+8ピン
  • サイズ : 305 x 130 x 54 mm
  • 製品ページ : https://www.asus.com/jp/Graphics-Cards/ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMING/

ROG-STRIX-RTX2080S-O8G-WHITE-GAMINGは、最新世代のトップエンドROGビデオカード用に設計されたAxial-techファンを3基搭載したハイエンドモデル。

2.7スロットデザインを利用して、より多く表面積があるヒートシンクを採用しています。オーバーヒートの心配がなく、追加のサーマルヘッドルームによりオーバークロックの可能性が高まり、ファンが負荷の少ないゲームシーンでもさらに低い速度で動作させることができます。

GPUのコア温度が55℃を下回るとファンが停止する0dBテクノロジーを搭載。GPUの温度が上がると、ファンは自動的に再び回転します。

基板上にはファンモードの切り替えが可能なスイッチを搭載しており、ファンが常に回転してカードを低温に保つPerformanceモードと、パワーターゲットの設定が優先され、指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを提供するQuietモードを切り替え可能です。

ヒートスプレッダとGPUとの接触面積を約2倍に拡大する「MaxContactテクノロジー」により、従来のクーラーよりも効率良くGPUからクーラーに熱を伝えることができます。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-グラフィックカード/グラフィックボード, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2020 All Rights Reserved.