ASUSからAMD X470マザー「ROG CROSSHAIR VII HERO(WI-FI)」発売

投稿日:

ASUSからAMD X470マザー「ROG CROSSHAIR VII HERO(WI-FI)」が発売されます。

ASUSは2018年6月1日、AMD X470チップセットを搭載するATXマザーボード「ROG CROSSHAIR VII HERO(WI-FI)」を本日より発売することを発表しました。価格はオープン。

ROG CROSSHAIR VII HERO(WI-FI)のスペックは以下の通り。

  • 製品名:ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)
  • 対応CPU:AMD Ryzen/A/Athlonシリーズ
  • 対応ソケット:Socket AM4
  • チップセット:AMD X470チップセット
  • 対応メモリ:DDR4-3600×4 (最大64GB)
  • 拡張スロット:PCIe 3.0 x16×2、PCIe 2.0 x16×1、PCIe 2.0 x1×2
  • ストレージ機能:M.2×2、SATA 6Gb/s×6
  • USB機能:USB 3.1×13、USB 2.0×5
  • ネットワーク機能:1000BASE-T×1、IEEE802.11ac/n/a/g/b
  • Bluetooth機能:Bluetooth 4.2
  • フォームファクター:ATX(305mm×244mm)
  • 製品公式 : ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)

 

ROG CROSSHAIR VII HERO (WI-FI)は、CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」、電源回路の制御をはじめとした電力供給関連の処理を行う「EPU」、CPUのクロックを生成する「PRO Clock」の3つのカスタムチップを搭載。オーバークロックの制御、CPU電圧と電源回路の制御、安定したクロックの生成を連携して行うことで、CPUの性能を最大限に引き出すことが可能です。

プラスチックに加えて金属を使用したPCI Express x16スロットの「SafeSlot」を搭載、従来のプラスチック製スロットと比較して、ビデオカードの荷重がかかる方向には約1.8倍の強度、ビデオカードを引き抜く方向では約1.6倍の強度を実現しています。

ラインイン接続で113dBの優れた信号対雑音比を実現し、最高の録音品質を提供する「ROG SupremeFX」、業界最高水準のファンコントロール機能「Fan Xpert 4」を搭載。

最大867Mbpsの転送速度に対応するIEEE802.11 acの無線LAN機能を搭載。無線LANでもネトゲを楽しめます。

 

 




Y!mobileで月額料金割引キャンペーン実施中!

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.