ASUSより優れたコスパのIntel B365搭載マザー「PRIME B365-PLUS」発売

投稿日:

ASUSより優れたコスパのIntel B365搭載マザーボード「PRIME B365-PLUS」が発売されます。

ASUS JAPAN株式会社は2019年5月16日、Intel B365搭載マザーボード「PRIME B365-PLUS」を2019年5月17日より発売することを発表しました。市場想定価格は1万2000円前後。

スペックは以下の通り。

製品名PRIME B365-PLUS
対応CPU第9/8世代 Intel Core, Pentium Gold/Celeron プロセッサ
対応ソケットLGA 1151
チップセットIntel B365
対応メモリDDR4-2666×4(最大64GB)
拡張スロットPCIe 3.0x16×2, PCIe 3.0x1×4
画面出力端子HDMI 1.4b×1, DVI-D×1, D-sub 15ピン×1
ストレージ機能M.2×2, SATA 6Gb/s×6
USB機能USB 3.1 Gen 1×8, USB 2.0×6
ネットワーク機能1000BASE-T×1
フォームファクター(サイズ)ATX(305mm×221mm)
公式サイトPRIME B365-PLUS | マザーボード | ASUS 日本

PRIME B365-PLUSはIntel B365を搭載した、優れたコストパフォーマンスのATXサイズマザーボード。

CPUファンとケースファンの回転速度を温度に応じて細かく制御できるファンコントロール機能「Fan Xpert 2+」を搭載し、CPUの温度が設定温度を超えたらファンの回転数を上げるといった設定や、CPUの温度に応じて段階的にファンの回転数を変更するといった設定を簡単に行うことが可能。

従来のPCI Express x16スロットよりも、カードを引き抜く方向に1.6倍、カードの荷重がかかる方向に1.3倍の強度を持たせた高耐久PCI Expressスロット「SafeSlot Core」を採用しています。

高い耐久性を持つ強化拡張スロットの「SafeSlot Core」、LAN機能を静電気から守る「LANGuard」、チップセットや各種チップを過電圧から守る保護回路、CPUへの供給電力を低遅延で正確に行えるデジタル電源回路の「DIGI+ VRM」、一般的な製品の3倍の耐食性を持ち錆びにくいステンレス製バックパネルの5つの機能を搭載しています。

 





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.