ASUSよりRTX 2070 SUPER搭載ビデオカード2種発売

投稿日:

ASUSよりRTX 2070 SUPER搭載ビデオカード2種が発売されます。

RTX 2070 SUPER搭載ビデオカード2種が発売

ASUS JAPAN株式会社は2019年8月8日、GeForce RTX 2070 SUPERを搭載したビデオカード「ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING」「TURBO-RTX2070S-8G-EVO」を2019年8月9日より発売することを発表しました。

市場想定価格は「ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING」が7万9000円前後、「TURBO-RTX2070S-8G-EVO」が7万2000円前後。

スペックは以下の通り。

ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMING

グラフィックスコアNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
ビデオメモリGDDR6 8GB
コアブーストクロック1,800 MHz (OCモード時 1,830 MHz)
コアベースクロック1,605 MHz (OCモード時 1,635 MHz)
メモリクロック14,000 MHz
メモリインターフェース256bit
インターフェースHDMI 2.0b×2
DisplayPort 1.4×2
USB Type C×1
補助電源コネクタ8ピン+8ピン
サイズ299.7 x 130.4 x54.1mm

ROG-STRIX-RTX2070S-A8G-GAMINGは基板上にファンモードの切替ができるDual BIOSスイッチを搭載。

ファンが常に回転してカードを低温に保つPerformanceモードや、パワーターゲットの設定が優先され、指定温度に満たない中程度の温度では静かな動作のために緩やかなファンカーブを描くQuietモードの切替ができます。

ダイレクトに接続する強化された銅製ヒートスプレッダを搭載しており、従来のヒートスプレッダよりもGPUに2倍以上接触するサーフェスを備え、熱伝導性を改善する「MaxContactテクノロジー」を採用。

ファンのハブを小さくすることでブレードを延長し、バリアリングを増設することで下向きの空気圧を高め冷却効果を向上させたAxial-techファンを3基搭載しています。

GPUコアの温度が55℃を下回ったときにファンの回転を止めることができる0bBテクノロジーも搭載。

より多く表面積がある2.7-スロットデザインのヒートシンクや、高密度に実装されたPCB基板バックプレートも採用しています。

TURBO-RTX2070S-8G-EVO

グラフィックスコアNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
ビデオメモリGDDR6 8GB
コアブーストクロック1,770 MHz (OCモード時 1,800 MHz)
コアベースクロック1,605 MHz (OCモード時 1,635 MHz)
メモリクロック14,000 MHz
メモリインターフェース256bit
インターフェースHDMI 2.0b×1
DisplayPort 1.4×3
補助電源コネクタ8ピン+6ピン
サイズ268 x 113 x 40mm

TURBO-RTX2070S-8G-EVOは、ファンの軸受けに2つのボールベアリングを使用したデュアルボールベアリングファンを採用し、従来よりも最長2倍の長寿命を実現。

80mmファンを1基搭載しており、物理的バッファと新型カバーの組み合わせにより、冷却性能を向上。

リアルタイムハードウェアモニタ機能とリアルタイムオーバークロック設定機能を搭載する、ビデオカード設定ソフト「GPU Tweak II」も搭載しています。





Y!mobileの音声SIMカード申込で月額料金割引実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-グラフィックカード/グラフィックボード, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.