ASRockのX99ワークステーションマザー「X99 WS-E」発売

X99 WS-E

ASRockのX99ワークステーションマザー「X99 WS-E」が発売されます。

アスクは2016年7月8日、ASRock社製のIntel X99チップセットを搭載したワークステーション向けE-ATX規格のマザーボード「X99 WS-E」を7月15日より発売することを発表しました。予想市場価格は税抜6万2800円。

X99 WS-Eのスペックは以下の通り。

製品名 X99 WS-E
チップセット X99チップセット
フォームファクタ E-ATX
CPU Intel Core i7シリーズ
Xeon E5-1600/2600 v3シリーズ
ソケット LGA2011-3
電源フェーズ数 12
対応しているメモリ DDR4-3200~2133
メモリスロット数 8(最大で128GBまで認識)
【ストレージ】
SATA3ポート(X99) 10
SATA3ポート(Marvell) 2(SE9172)
SATA Express 1
M.2ソケット 1
eSATA 1
【拡張スロット】
 PCI Express 3.0 x16 7
【その他】
LAN Intel I210AT×2
オーディオ Realtek ALC1150
【バックパネル】
USB3.0 4
USB2.0 4
eSATA 1
光デジタル出力端子 1
Clear CMOMSスイッチ 1
オーディオジャック 6
製品公式 ASRock > X99 WS-E

X99 WS-E-1X99 WS-EはIntel Core i7プロセッサおよびXeon E5-1600/2600 v3プロセッサ(LGA2011-3)をサポートするマザーボード。ワークステーションとしtねお使用環境に耐えうる高品位、高耐久の実装部品を採用しながら、4way-SLIおよびCrossFireXをサポートしており、ブリッジチップにより4レーンでのPCI Express x16動作が可能です。

また、CPUバックプレートを従来モデルよりも薄型にすることにより、サーバー向けの省スペースなシャーシにも搭載しやすい設計を採用しています。

メモリスロットは8つで最大128GBまで認識し、メモリはDDR4-3200から2133までをサポート。SATA3ポートは12基で、SATA Expressコネクタ1基、M.2スロット1基、eSATAポート1基を搭載。拡張スロットはPCI Express 3.0x16 ×7。LANはIntel I210AT×2、オーディオはRealtek ALC1150。

インターフェースはUSB3.0×4、USB2.0×4、eSATA×1、光デジタル出力端子×1、Clear CMOSスイッチ×1、オーディオジャック×6。


Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
公安9課

荒巻大輔(管理人)

公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。

-ニュース, マザーボード
-,

© 2020 公安9課