arrows M05のスペック・価格・販売MVNOまとめ

arrows M05のスペック・価格・販売MVNOまとめ。

     

arrows M05が発売

富士通コネクテッドテクノロジーズは2019年12月11日、SIMフリースマートフォン「arrows M05」を12月18日より発売することを発表しました。家電量販店やMVNOあわせて22社から発売されます。

スペック

OS Android™ 9
ディスプレイ サイズ 約5.8インチ
解像度 フルHD+(2,280×1,080ドット)
CPU Snapdragon 450
オクタコア、1.8GHz
メモリ 内蔵 メモリ3GB
ストレージ32GB
外部 microSD/microSDHC/microSDXC
(最大400GB)
カメラ アウトカメラ 有効画素数 約1,310万画素+500万画素 CMOS
インカメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
通信速度 下り 最大150Mbps
上り 最大50Mbps
生体認証 指紋認証
防水/防塵/MIL規格 防水対応しています(IPX5、IPX8)
防塵対応しています(IP6X)
MIL規格:耐衝撃(落下)
NFC/おサイフケータイ 対応しています(Read、Write、PtoPのみ)/対応しています(FeliCa)
Bluetooth 対応しています(4.2)
Wi-Fi 対応しています(IEEE802.11a/b/g/n/ac)2.4GHz/5GHz
充電・接続端子 USB Type-C
ハイレゾオーディオ注4 対応しています
電池容量 2,880mAh ※着脱不可
サイズ(H×W×D) 約149×72×8.8mm
質量 約166g
arrows M05 - スマートフォン - FMWORLD.NET(個人) : 富士通

特徴

  • Snapdragon 450/メモリ3GB/ストレージ32GB搭載
  • arrows M02から進化が止まっていたが、やっと順当にスペックがアップしたという印象
  • 防水防塵おサイフケータイ対応。MIL規格は耐衝撃のみ
  • USB type-Cコネクタ搭載

対応Band

対応バンド LTE B1/B3/B5/B12/B17/B19/B26(18)
3G B1/B5/B6/B19
GSM 850MHz/900MHz/1800MHz/1900MHz

ドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線に対応しています。

ドコモ回線はFOMAプラスエリアにも対応しているので、気になる人でも安心して使えます。

arrows M04からの主な進化点

arrows M05 arrows M04
CPU Snapdragon 450
1.8GHz
Snapdragon 410
1.2GHz
メモリ 3GB 2GB
ストレージ 32GB 16GB
ディスプレイ 5.8インチFHD+
(2280×1080)
5.0インチHD
(1080×720)
アウトカメラ(背面) 1310万画素+500万画素
(デュアルカメラ)
1310万画素
インカメラ(前面) 800万画素 500万画素
バッテリー容量 2880mAh 2580mAh

arrows M04が発売されたのが2017年夏なので、やっとまともなスペックになってきたかという印象です。

しかしこれでもまだまだスペックを引き上げるべきで、AQUOS sense3と同じようなスペックにして出すべきであったと思います。私ならこれならAQUOS sense3のほうを買いますね。

販売ECサイト、MVNO

価格は確認出来次第追記。

一括 分割
IIJmio
mineo
NifMo
エキサイトモバイル
OCNモバイルONE
LINEモバイル 3万5800円
セール価格 : 2万9800円
1590円×24回
セール価格 : 1330円×24回

LINEモバイルでは、2020年1月22日までセール価格で販売中です。



Y!mobileの音声通話SIM契約で事務手数料無料などお得なキャンペーン実施中!
ワイモバイルオンラインストアはこちら


ワイモバイル専門サイト【ワイモバイルinfo】を開設しました。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

センスのないヘッダーとか描いたりアイキャッチ作ったり画像編集したりたまに記事書いてます。

-スマートフォン, ニュース

© 2020 公安9課