AQUOS sense lite SH-M05レビュー。防水防塵、濡れた手でもサクサク操作

投稿日:


AQUOS sense lite SH-M05をレビュー。





 AQUOS sense lite SH-M05購入

AQUOS sense lite SH-M05を購入しました。色はホワイト。

AQUOS sense liteはキャリアから発売されているAQUOS senseのSIMフリー版で、若干デザインが違うところはありますがスペックは同じです。

箱。AQUOS sense liteはSnapdragon 430、メモリ3GB、ストレージ32GB搭載。

付属品は保証書、クイックスタートガイド、ACアダプタ、USB Type-Cケーブル

本体前面。約5.0インチの解像度は1,920×1,080ドット(フルHD)。フロントカメラは約500万画素。

ホームキーはタッチ式で指紋センサーにもなっています。液晶ディスプレイはIGZOディスプレイで、濡れた手でもサクサク操作可能。

本体上部。イヤホンジャック。

本体右側面。音量ボタンと電源ボタン。

本体左側面。SIMスロット。側面が完全なラウンドではなく、エッジがあることで床においている状態でも取りやすいです。

本体下部。外部接続端子はUSB Type-C。

本体背面。メインカメラは約1310万画素。質感はサラサラとしていて、光を当てると若干キラキラしててとてもきれいです。指紋などは全くわからないです。ロゴの上あたりにNFC搭載。

SIMスロットと外部メモリスロット。nanoSIMに対応しています。

 AQUOS sense lite SH-M05スペック

プラットフォームAndroid 7.1
CPUQualcomm Snapdragon 430 オクタコア
1.4GHz(クアッド)+1.1GHz(クアッド)
液晶ディスプレイ約5.0インチ IGZO
解像度1,920×1,080ドット(フルHD)
ROM/RAMROM 32GB / RAM 3GB
通信機能IEEE 802.11b/g/n
Bluetooth®Bluetooth 4.2
Webカメラ[アウトカメラ]
約1,310万画素 CMOS 裏面照射型
[インカメラ]
約500万画素 CMOS 裏面照射型
SIMカードスロットnanoSIM
カードリーダーmicroSDXCカード(最大256GB)
バッテリー容量2,700mAh
サイズ高さ 約144mm x 幅 約72mm x 奥行き 約8.5mm
質量約147g
テザリング機能対応(Wi-Fi×10台、Bluetooth×4台、USB×1台 最大15台)
通信方式[FDD]
Band1(2.0GHz)/Band3(1.7GHz)/Band5(850MHz)/Band8(900MHz)/
Band17(700MHz)/Band19(800MHz)/Band26(800MHz)
[TDD]
Band41(2.5GHz)
[3G]
Band1(2.0GHz)/Band5(850MHz)/Band6(800MHz)/
Band8(900MHz)/Band19(800MHz)
[GSM]
850/900/1800/1900MHz
FeliCa/NFC対応(Paypass/Paywave/Jspeedy)
センサーGPSセンサー / 加速度センサー / 地磁気センサー /
ジャイロセンサー / 近接センサー / 照度センサー / 指紋センサー
主な付属品保証書/クイックスタートガイド/ACアダプタ-/USB Type-Cケーブル
その他特長お風呂でも使える防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)、耐衝撃
緊急地震速報(「国民保護情報」(一般的にJアラートと言われる情報)に対応)
伝言メモ(簡易留守録)、ヒカリエモーション、エモパー(ロボクル対応)

AnTuTu Benchmarkで計測

AnTuTu Benchmark v7.0.4で計測。普通のミドルレンジモデルといったところ。

AQUOS sense lite SH-M05で写真撮影


逆光で撮りました。

HDR機能がないため黒つぶれや白飛びには少し弱いかもしれません。

食べ物の写真が撮れたら随時追加していきます。

まとめ

AQUOS sense liteのOSは初期状態でAndroid 7.1を搭載していますが、発売から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応すると記載されています。なので少なくとも2年もしくは2回は最新OSでの利用ができることが約束されています。

また、防水防塵であり、濡れた手でも画面操作がしやすいなど、お風呂での操作なども安心かなと思います。

カメラはそこそこという感じで、鮮明に撮影したいという場合には向きませんが、とりあえず写真に収めておきたいという場合にはよいでしょう。

個人的には背面のサラサラ感、側面のエッジ部分など、デザイン面でとてもきれいだなと思いました。MVNOによって限定色があるので色で選ぶのもいいと思います。

以上簡素でしたがレビューになります。

取扱いMVNO

AQUOS sense liteを取り扱っているMVNOは現時点で9社。

mineo、IIJmio、楽天モバイル、gooSimseller、BIGLOBEモバイル、DMM mobile、LINEモバイル、イオンモバイル、NifMoになります。

限定色としてmineoではターコイズ、IIJmioではピンク、楽天モバイルではレッド、gooSimsellerではブルーが取り揃えられています。

 

現在NifMoではAQUOS sense liteが最大2万100円のキャッシュバックキャンペーン対象機種となっていますので、お得に求めるにはオススメです。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-スマートフォン, レビュー
-

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.