公安9課

*

ZenFone 2 Laserとの比較あり!ZenFone Selfie スペックまとめ

   

ZenFone SelfieZenFone 2 Laserとの比較あり!ZenFone Selfie スペックまとめ。

ZenFone Selfie スペック

2015年11月11日に、背面に精巧なダイヤモンドカット加工を施した「イリュージョンシリーズ」が追加されました。

ZenFone Selfie(ZD551KL)
OS Android 5.0(Lolipop)
ディスプレイ 5.5インチ
(1080×1920) FullHD IPS
Corning Gorilla Glass 4
CPU Qualcomm SnapDragon 615
(1.5GHz4コア+1.0GHz4コアのオクタコア, 64bit)
GPU Qualcomm Adreno 405
メインメモリ(RAM) 2GB
ストレージ(ROM) 16GB
カメラ(背面/前面) 1300万画素/1300万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB
(microSDXC, microSDHC, microSD)
Wi-Fi
IEEE 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
NFC ×
GPS GPS, GLONASS, AGPS & BDS
センサー類 加速度センサー / 近接センサー / ジャイロスコープ
光センサー / 磁気センサー / 電子コンパス
テザリング Wifi / Bluetooth / USB
SIMタイプ マイクロSIM×2
SIMスロット1, 2ともに4G/3G/2G回線に対応
ただしSIMカードを2枚挿入して同時使用は不可
(SIMロックフリー)
ネットワーク周波数帯 [LTE]:Band 1, 2, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19, 28
[W-CDMA(HSPA+)] : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
バッテリー容量 3000mAh(取り外し可能)
連続通話時間/連続待受時間 約1386分(3G) / 約405時間(3G)
約255時間(LTE)
幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約156.5 × 77.2 ×10.8mm(最薄部3.9mm)
重量 約170g
製品公式  Phone | ZenFone Selfie (ZD551KL) 

 

ZenFone Selfie本体カラーはピンク・ホワイト・アクアブルーの3つ。

Zenfone-Selfie-illusion-series

2015年11月11日にZenFone Selfieにイリュージョンシリーズ2モデルが追加されました。発売日は2015年11月30日で、価格は4万824円です。

ZenFone Selfieのイリュージョンシリーズは背面に精巧なダイヤモンドカットを施した天板デザインで、イリュージョンパープルとイリュージョンホワイトより選択が可能。

Snapdragon 616を搭載

日本で発売されるZenFoneシリーズでは初めてQualcommのSnapdragon 616を搭載しています。Snapdragon 616はSnapdragon 400シリーズの上位にあたります。

Snapdragon 616のもともとの性能は1.7GHz4コア+1.2GHz4コアのオクタコアなんですが、どうやら1.5GHz4コア+1.0GHz4コアにクロックダウンされて搭載されているようです。

Snapdragon 616 Processor Specs and Details | Qualcomm

1300万画素のフロントカメラを搭載

ZenFone Selfieは前面に1300万画素のカメラを搭載しており、これが結構目立ちます。「Selfie」という名前からも分かるように自撮りに特化している機種です。別に自撮りしない人にとっては関係ないですけど。

ZenFone Selfieに搭載された前面カメラには、1300万画素の解像度と約88度の広角レンズ、そしてASUS独自のPixelMasterテクノロジーが搭載されています。また、両面のカメラで使える計17の多彩な撮影モードを搭載しており、そのうちの一つ「自分撮りパノラマ」では、前面カメラで最大約140度の広範囲の撮影ができ、友達や家族との最高の瞬間をワイドに残すことができます。

背面カメラ、前面カメラともにハード面とソフト面から工夫を凝らし、暗がりや逆光でも、被写体が動いていても、大切な瞬間を逃さずに記録。まるでプロが撮影したかのような一枚を残すことができます。

レーザーオートフォーカスを搭載

ZenFone-Selfie-2背面カメラにはレーザーオートフォーカス機能が搭載されているので、瞬時に自動で焦点を合わせてくれます。また、焦点を当てにくい薄暗闇での撮影でも、素早くフォーカスすることが可能です。

アルゴノミックデザインを採用

ZenFone-Selfie-3

ZenFone Selfieは人間工学に基づいた人に優しいデザイン「アルゴノミックデザイン」で、持ち易いだけではなく背面キーの押しやすさなどにもこだわっています。

また、最薄部約3.9ミリの本体は薄いながらに持ちやすさをも兼ね備えています。背面キーのボリューム操作や写真を撮る時など指が自然にキーを操作できるようにデザインされています。

ZenFone Selfie vs ZenFone 2 Laserスペック比較

ZenFone Selfie(ZD551KL) ZenFone 2 Laser(ZE500KL)
OS Android 5.0(Lolipop) Android 5.0.2(Lolipop)
ディスプレイ 5.5インチ
(1080×1920) FullHD IPS
Corning Gorilla Glass 4
5.0インチ
(720×1280)HD IPS
Corning Gorilla Glass 4
CPU Qualcomm Snapdragon 615
(1.5GHz4コア+1.0GHz4コアのオクタコア, 64bit)
Qualcomm Snapdragon 410
(1.2GHz, クアッドコア, 64bit)
GPU Qualcomm Adreno 405 Qualcomm Adreno 306
メインメモリ(RAM) 2GB 2GB
ストレージ(ROM) 16GB 16GB(eMCP)
カメラ(背面/前面) 1300万画素/1300万画素
レーザーオートフォーカス(背面のみ)
デュアルカラーLEDフラッシュ(両方)
1300万画素/500万画素
レーザーオートフォーカス(背面のみ)
デュアルカラーLEDフラッシュ(背面のみ)
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB
(microSDXC, microSDHC, microSD)
microSD/128GB
(microSDXC, microSDHC, microSD)
Wi-Fi
IEEE 802.11 b/g/n/ac IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
NFC × ×
GPS GPS, GLONASS, BeiDou GPS, GLONASS, BeiDou
センサー類 加速度センサー / 近接センサー
ジャイロスコープ
光センサー / 磁気センサー / 電子コンパス
 加速度センサー / 近接センサー
光センサー / 磁気センサー / 電子コンパス
テザリング Wifi / Bluetooth / USB Wifi / Bluetooth / USB
SIMタイプ マイクロSIM×2
SIMスロット1, 2ともに4G/3G/2G回線に対応
ただしSIMカードを2枚挿入して同時使用は不可
(SIMロックフリー)
マイクロSIM×2
SIMスロット1, 2ともに4G/3G/2G回線に対応
ただしSIMカードを2枚挿入して同時使用は不可
(SIMロックフリー)
ネットワーク周波数帯 [LTE]:Band 1, 2, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19, 28
[W-CDMA(HSPA+)] : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
[LTE]:Band 1, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19, 28
[W-CDMA(HSPA+)] : Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
バッテリー容量 3000mAh(取り外し可能) 2400mAh(取り外し可能)
バッテリーはユーザー交換不可、ASUSが交換
連続通話時間/連続待受時間 約1386分(3G) / 約405時間(3G)
約255時間(LTE)
約1393分 (3G)/約502.1時間 (3G)
約240.6時間 (LTE)
幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約156.5 × 77.2 ×10.8mm(最薄部3.9mm) 約143.7 × 71.5 × 10.5mm(最薄部3.5mm)
重量 約170g 約145g

 

ディスプレイサイズが大きくなりFullHDに

ZenFone Selfieは5.5インチと大きくなり、解像度が1080×1920のFullHDになりました。

大きくなると今度は持ちづらい持ちづらいという人が出てくるんですよね。

CPUの性能が向上

ZenFone 2 LaserではSnapdragon 410を搭載していましたが、ZenFone SelfieではSnapdragon 616を搭載しています。

Snapdragon 616 Snapdragon 410
関係 ミドルハイクラス メインストリーム
動作周波数 1.5GHz4コア+1.0GHz4コア 1.2GHz
コア数 8コア 4コア
GPU Adreno 405 Adreno 306

 

この点だけでも間違いなくスペックアップしています。動作周波数やコア数が多ければ多いほど性能がいいです。

カメラの性能が向上

ZenFone 2 Laserでは背面カメラ1300万画素/前面カメラ500万画素でしたが、ZenFone Selfieでは1300万画素/1300万画素と前面カメラの性能が大幅にアップしました。製品名にSelfieとついているように、セルフィー(自撮り)に特化したSIMフリースマートフォンになります。

GPSは変化なし

ASUS台湾にはBDSという表記がありますが、これはBeiDouのことです。BDS=BeiDou navigation satellite System

バッテリー容量が増加

ZenFone 2 Laserでは2400mAhのバッテリーを搭載していましたが、ZenFone Selfieでは3000mAhのバッテリーを搭載しています。

これはSnapdragon 410からSnapdragon 616にしたので消費電力が増えたからでしょう。

 

以上。参考になれば幸いです。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Surface Pro 4のCore i5, Core mモデルが本日より発売開始
NEXT
BenQよりAMVA+パネル採用27型液晶「EW2750ZL」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。