公安9課

*

ThinkPad X260のカスタマイズでFullHDが選択可能に

   

ThinkPad-X260

ThinkPad X260のカスタマイズでFullHDが選択可能になりました。

やっとFullHDが選択可能に

2016年1月28日より発売されているThinkPad X260の液晶解像度は、発売当初は1336×768しか用意されておらず、Xシリーズなのになんだこれはとなっていたのですが、2016年4月2日よりFullHD(1920×1080)が選択可能になりました。

ThinkPad X260 スペック

製品名 ThinkPad X260
発売日 2016年1月28日
OS  Windows 10 Pro 64bit
Windows 7 Professional 32/64bit
画面サイズ 12.5インチ
画面オプション 1920×1080, FullHD
1336×768, HD, IPS, ノングレア
CPU Core i7-6600U(2.6~3.4GHz)
Core i7-6500U(2.5~3.1GHz)
Core i5-6300U(2.4~3.0GHz)
Core i5-6200U(2,3~2.8GHz)
Core i3-6100U(2.3GHz)
グラフィックス Intel HD Graphics
メモリ 4GB(DDR4-2133)
8GB(DDR4-2133)
最大16GB(DDR4-2133)
※メモリスロットは1つ
ストレージ HDD : 500GB(5400rpm)
HDD :1TB(5400rpm)
SSHD : 500GB
SSD : 128GB
SSD : 192GB
SSD  : 256GB
SSD : 512GB
(PCIe NVMe 対応あり)
ウェブカメラ 720p(HD)
LTE
無線LAN  IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth  Bluetooth 4.1
インターフェース HDMI×1
miniDisplayPort×1
USB3.0×3
有線LANポート×1
4in1カードリーダー×1
マイク/ヘッドフォンコンボジャック×1
ドッキングコネクタ×1
指紋認証×1
本体サイズ
(幅×奥行×高さ)
305×208.5×20.3mm
本体質量  約1.43kg
バッテリー駆動時間 最大約11時間(JEITA 2.0)
【オプション】 スマートカードリーダー

 

わずか約20.3mmの厚さに、約1.314gの軽量筺体。マルチタッチ・ディスプレイを搭載可能な、薄型モバイル・ノートパソコン。様々なシーンで利用する為に欠かせない生産性に役立つ性能や機能はそのままに、最新プロセッサーを搭載しました。

lenovo-laptop-thinkpad-x260-keyboard

キー ボードには人間工学に基づいた長時間のパソコン入力でも快適かつミスタッチを軽減する設計を採用。さらに、暗い場所でも操作を可能にするバックライトも選択搭載可能。

また、キー入力の生産性を向上させるためのポインティングデバイス「トラックポイント」がキーボード中心に配置され、キーボードのセンターポジションから手を離すこと無くポインティングすることが可能です。

 

ビジネスPCに求められる高い信頼性と耐久性のために、ThinkPadは設計開発段階から、実際の使用状況を想定した厳しい品質テストを繰り返しています。

落下テストや気温・気圧の変化、信号やディスプレイ部の開閉耐久性など、実際の使用状況に即したテストを実施し、10項目のMIL規格テストも実施。ライフサイクルを通じて過酷な作業環境でもお使いいただける高い品質をお届けします。

 

私が購入するとしたら、OSはWindows 10 Pro、1920×1080、メモリ8GB、PCIe SSD 256GBといった感じです。

ThinkPad X260の購入は以下のリンクから。

ThinkPad X260 – 12.5型ハイパフォーマンス・モバイル・ノートブック| レノボジャパン



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ECSのQi対応コンパクトPC「ECS LIVE STATION」発売
NEXT
NifMoでASUS ZenFone Goが4月14日販売開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。