公安9課

*

マウスコンピューターのスマートフォンのブランド名と仕様が判明

   

 MADOSMA1マウスコンピューターのスマートフォンのブランド名と仕様が判明しました。

マウスコンピューターは開発着手していたWindows Phoneをベースに開発していたスマートフォンについてのブランド名と製品仕様について明らかにしました。スマートフォン製品は新ブランド「MADOSMA」として展開されていきます。

MADOSMA スペック

ブランド名 MADOSMA
OS Windows Phone 8.1 Update
CPU Snapdragon 410(1.2GHz/クアッドコア)
ROM/RAM 8GB / 1GB
メモリスロット microSDメモリーカード(16GB同梱)
バッテリー容量 2300mAh(取り外し可)
ディスプレイ 約5インチHD(1280×720, IPS)
本体寸法(高さ×幅×厚さ) 142.8×70.4×8.4mm
質量 125g
通信 3G W-CDMA : BAND1/8/19(6)
4G/LTE LTE : BAND1/3/19 (CAT4)
SIMスロット MicroSIM
無線 IEEE 802.11 b/g/n・ Bluetooth V4.0 (EDR/A2DP 対応)
カメラ(背面/正面) 800万 / 200万画素
GPS GPS / A-GPS
センサー 近接 / 光 / 加速度センサー / 電子コンパス
主な付属品 液晶保護シート(本体貼付済み)、Micro SD カード(16GB)、
micro USB ケーブル(データ/充電用)、クイックスタートガイド(製品保証書)

 

LTE Band 1, 3, 19に対応しているところを見ると、MADOSMAが使えるSIMはdocomo SIMやdocomo系MVNO SIMになりそうですね。また、W-CDMAのBand 19にも対応しているのでFOMAプラスエリアにも対応しているようです。

W-CDMA Band 19に関しては以下の様な記載があります。

W-CDMAにおけるNTTドコモ様の800MHz帯(FOMAプラス)にはBand6とBand19があり、弊社の製品(CP-D02, CP-F03a, FLEAZ F5)が対応し、技適を取得しているのはBand6です。
Band19は2012年の800MHz帯再編終了時に見直されたバンドですが、NTTドコモ様においては共通の基地局であり、Band6対応機とBand19対応機は同様に接続できます。Band19対応機しかつながらないエリアがあるわけではなく、カバーエリアにも差はございません。安心して引き続きご利用下さいますよう御願い致します。

covia – ネットアプライアンスのブランド「Covia」: 弊社SIMフリースマートフォン800MHz帯の対応バンドについて

 MADOSMA3 MADOSMA2

製品型番、販売価格、販売時期、販売チャンネル等については後日改めて正式発表するとのこと。

 

 

情報元 : 2015.05.20 ニュースリリース|マウスコンピューター、開発中のスマートフォンのブランド名と製品仕様に関してのお知らせ



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Microsoftが「Surface 3」を発表。6月19日発売
NEXT
Lenovoが10.1型タブレット「Lenovo MIIX 3」発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。