公安9課

*

国交省がGalaxy Note 7の爆発騒動の見解発表。飛行機内では電源を切る、充電しない、受託手荷物として預け入れないことを要請

   

galaxynote7

国土交通省がGalaxy Note 7の爆発騒動について見解を発表しました。

国土交通省航空局安全部は2016年9月9日に、サムスン電子社製のスマートフォン「Galaxy Note7」の航空機への持ち込みについての見解を発表しました。

スマートフォン、パソコンなどリチウム電池を内蔵した携帯型電子機器については、「航空機による爆発物等の輸送基準等を定める告示」において、旅客等が機内持ち込み手荷物又は受託手荷物として輸送できることを定めています。

今般、韓国のサムスン電子社が製造販売する新型スマートフォン「Galaxy Note7」について、日本における発売時期は未定とされていますが、米国等すでに販売されている国々において、充電中等において内蔵のリチウムイオン電池が爆発する等の事故が多数発生しています。 海外では爆発によりジープが炎上したり、6歳の男児が手に怪我を負っています。

そのため、サムスン電子社における安全対策が講じられるまでの当面の間、「Galaxy Note7」の航空機への持ち込みに関して、以下の事項を旅客に対し周知するよう、航空会社に要請されました。

  • 機内では電源を切ること
  • 機内では充電を行わないこと
  • 受託手荷物として預け入れないこと

現時点でGalaxy Note7についての告知を出しているのは以下の航空会社で、内容については国土交通省の要請通りになっています。

 

日本ではまだ発売されていませんが、ショップなどを通じて個人で輸入して使用している人もいます。航空機に搭乗する際には注意したいですね。

 

情報元 :報道発表資料:サムスン電子社製ギャラクシーノート7の航空機への持ち込みについて – 国土交通省



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Surface Bookキャッシュバックキャンペーン実施中。アンケート回答で2万5000円キャッシュバック!
NEXT
Thermaltakeの開閉式フロントパネル採用のミドルタワーPCケース「Versa U21」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。