公安9課

*

大容量5000mAhバッテリー搭載!ZenFone Max スペックまとめ

    [最終更新日]2016/03/03 10:26

ZenFone-Max-1大容量5000mAhバッテリー搭載!Zenfone Max スペックまとめ。

ZenFone Max スペック

ZenFone Maxは3月中旬発売予定で、予想実売価格は3万24円。Zenfone 2 Laserと同じ実売価格になっています。

製品名 ZenFone Max
型番 ZC550KL
OS Android 5.0.2 + Zen UI
ディスプレイ 5.5インチ (1280×720)IPS
Corning Gorilla Glass 4
10点マルチタッチスクリーン
プロセッサ Snapdragon 410
(1.2GHz, クアッドコア)
メインメモリ(LPDDR3) 2GB
ストレージ 16GB
カメラ(背面/前面) 1300万画素/500万画素
レーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュ
外部メディア規格 microSD/128GBまで認識
(microSDXC, microSDHC, microSD)
Wifi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS あり
センサー類 電子コンパス / 光センサー
加速度センサー / 近接センサー
磁気センサー
SIMタイプ microSIM×2(デュアルSIM)
※日本国内では2スロット同時使用不可
ネットワーク周波数帯 [LTE] Band 1, 3, 5, 6, 8, 9, 18, 19 28
[W-CDMA] Band 1, 2, 5, 6, 8, 19
[GSM] 850, 900, 1800, 1900
バッテリー容量 5000mAh
連続通話時間 約2258分(3G)
連続待受時間 約914.4時間(3G)
約683.6時間(LTE)
高さ×幅×奥行 約156mm×77.5mm×5.2~10.55mm
重量 202g
定価価格(税込) 3万24円
本体カラー ホワイト/ブラック
製品公式 ZenFone Max (ZC550KL) | スマートフォン | ASUS 日本

 

性能的にはミドルレンジ

ZenFone Maxは5.5インチHD、メモリ2GB、ストレージ16GB、IEEE802.11 b/g/nと性能的にはミドルレンジ。画面サイズが違うだけでZenfone 2 Laserとスペックはほとんど変わりませんが、最大の特徴はやっぱり5000mAhという大容量バッテリーを搭載しているところ、それに伴い連続待受時間や連続通話時間が伸びたところにあります。

なお、microSIMカードスロットを2つ搭載している「デュアルSIM(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)」ではありますが、SIMスロット1、SIMスロット2ともに4G/3G/2G回線に対応しているものの、日本国内においてはSIMカードを2枚挿入して4G/3G/2G回線を同時に使用することは出来ません。Band 18に対応していますがau回線で使えるという記載もありません。

連続待受時間はなんと約38日間

ZenFone Maxはタブレット並みの5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、3G接続時で約38日間(約914.4時間)、LTE接続時で約28日間(約683.6時間)の圧倒的な連続待受時間を実現しました。連続待受時間だけでなく、連続通話時間でも3G接続時で約37.6時間(約2258分)ものバッテリー駆動時間を実現しており、今までのスマートフォンとは違い、バッテリー残量を気にせず思いっきり使用できます。

また、Wifi環境でのWebブラウジングは最長約32.5時間、動画の連続再生は最長約22.6時間となっています。用途にもよりますが1日十分持つのではないでしょうか。

他のデバイスを充電するために使用可能

ZenFoneMax-ReverseCharge

ZenFone Maxは他のデバイスを充電するためにモバイルバッテリーとして活用できる「リバースチャージ機能」を搭載。付属の変換ケーブルを使用するだけでZenFone Maxを5000mAhのモバイルバッテリーとして使用できます。他のスマートフォンやモバイルWifiルーターへと充電することが可能で、一般的なスマートフォンなら約1回~1.5回の満充電を行うことができます。

実際に電流電圧チェッカーなどを使って確認しないとなんとも言えませんが、スマートフォンはモバイルバッテリーではないのでモバイルバッテリーよりも給電能力は低そうです。

カメラ機能も優れている

ZenFone Maxは高画質な写真や動画を撮影できる1300万画素のアウトカメラと500万画素のインカメラを搭載し、スマートフォンとは思えない写りの良さを実現し。アウトカメラには、最速約0.03秒で撮影対象にフォーカスを合わせることができる「レーザーオートフォーカス」機能を搭載しており、撮りたい瞬間を逃さないだけでなく、薄暗い場所での素早いオートフォーカスも可能になっています。

薄暗い場所でフラッシュ無しで自然に明るく撮影できるローライトモードを搭載。さらにアウトカメラには、白色と黄色の2色のLEDフラッシュを発光することで自然な色味のフラッシュ撮影を可能にする「デュアルカラーLEDフラッシュ」、周囲の暗さに合わせてLEDフラッシュの発光度合いを自動調節する「リアルトーンフラッシュ」機能も搭載し、LEDフラッシュの発光が必要な暗い場所でも自然な写りの写真を撮影できます。

ATOKをプリインストール

ZenFone Maxには高い日本語変換精度で快適な日本語入力が可能な日本語入力システム「ATOK」をプリインストールしてあります。SNSや電子メールなどで長文の入力が必要になっても、ストレスなく日本語入力を行えます。ATOKが気に食わない場合はGoogle日本語入力などをインストールすればいいだけです。

5.5インチであること、解像度が1280×720(HD)なのが難点か

ZenFone Maxは5.5インチなのに解像度がHD(1280×720)と低めなのが人によってはマイナス評価になりそうです。Zenfone 2やZenfone SelfieなどはZenFone Maxと同じ5.5インチですがFullHD(1920×1080)なので尚更比較されるでしょう。5インチなら良かったという人もちらほら。やっぱりそれなりに大きいですからね。

重量202gと重い

ZenFone Maxは5.5インチかつ5000mAhバッテリーを搭載しているせいか、SIMフリースマートフォンの中でもかなり重い部類に入ると思います。本体のみでこの重さなので、カバーやケースなどをつけると更に重くなるでしょう。重いだけで選択肢から外れる人もいます。

また、バッテリーの充電に約4.8時間とそれなりに時間がかかるので、夜遅く帰ってきて朝早く出ないといけない時に満充電できていない可能性があります。それに4.8時間というのはおそらくは純正充電器で充電した場合の0%から100%のフル充電までにかかる時間のはずなので、環境によってはそれ以上かかる可能性もあります。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
WDのHDD「WD Red/Purple」に8TBモデルが追加
NEXT
LGの31.5型FullHDハーフグレア液晶「32MP58HQ-W」「32MP58HQ-P」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。