公安9課

*

ASUSよりオーバークロッカー向けZ270マザー「ROG MAXIMUS IX APEX」発売。メモリスロットを2本にしてDDR4-4266を実現

   

ROG MAXIMUS IX APEX-1

ASUSよりオーバークロッカー向けのZ270マザー「ROG MAXIMUS IX APEX」が発売されます。

ASUSは2017年2月17日、Intel Z270チップセットを搭載するE-ATXサイズのオーバークロッカー向けマザーボード「ROG MAXIMUS IX APEX」を日本市場向けに発売することを発表しました。発売は2月24日で、市場想定価格は4万3000円前後。

ROG MAXIMUS IX APEXのスペックは以下の通り。

製品名
ROG MAXIMUS IX APEX
対応CPU
Intel for 7th/6th Generation Core i7/Core i5/Core i3/Pentium/Celeron  プロセッサ
チップセット
Intel Z270 Chipset
対応メモリ
2 x DIMM, Max. 32GB,
DDR4 4266(O.C.)~2400(O.C.)/2133 MHz

拡張スロット
4 x PCIe 3.0/2.0 x16
(x16/x0/x0/x4, x8/x8/x0/x4, x8/x4/x4/x4)
2 x PCIe 3.0/2.0 x1
マルチGPU対応
Supports NVIDIA Quad-GPU SLI Technology
Supports NVIDIA 2-Way SLI Technology
Supports AMD 4-Way CrossFireX Technology
ストレージ機能
M.2×2
SATA 6Gb/s×6
LAN機能
Intel I219V
オーディオ機能
ROG SupremeFX 8
USB機能
Intel Z270 Chipset :
8 x USB 3.0 port(s)
Intel Z270 Chipset :
6 x USB 2.0 port(s)
ASMedia USB 3.1 controller :
2 x USB 3.1 port(s) (2 at back panel, , Type-A + Type-C)
バックパネルインターフェース
1 x PS/2 keyboard (purple)
1 x PS/2 mouse (green)
1 x DisplayPort
1 x HDMI
1 x LAN (RJ45) port(s)
2 x USB 3.1 ()Type-A + Type-C
6 x USB 3.0
1 x Optical S/PDIF out
1 x Clear CMOS button(s)
1 x USB BIOS Flashback Button(s)
5 x Gold-plated audio jacks
対応OS
Windows 10 64-bit
Windows 8.1 64-bit
Windows 7 32-bit
Windows 7 64-bit
フォームファクター
ExtendedATX(305mm×272mm)

 

ROG MAXIMUS IX APEX-2

ROG MAXIMUS IX APEXはASUSの製品シリーズにおいて最上位に位置する「ROG」シリーズのマザーボード。その中でも特にオーバークロッカー向けに特化した製品となっており、特別な電源回路や特別なメモリユニットレイアウトを使用し、より他界クロックを狙えるようにしています。

このマザーボードは、メモリスロットが4本から2本に、ASUS独自のスロットを搭載していることが大きな特徴です。

通常のZ270マザーでは4本あるメモリスロットを2本に減らすことで配線を最適化し、配線間のノイズの影響を最小限に抑え、信号品質の向上を行いました。これにより、本製品では高クロック対応メモリを使用することでDDR4-4266での動作が可能となっています。

 

メモリスロットと同形状の独自スロットをマザーボード上に搭載しており、そこに独自のM.2拡張カードである「DIMM.2」を挿すことで、M.2ストレージを搭載できるようにしています。

ROG MAXIMUS IX APEX-DIMM2

DIMM.2拡張カードの表側と裏側には、M.2スロットを1つずつ搭載しており、計2つのM.2ストレージを使用できます。M.2インターフェースは、DIMM.2の表側がPCI Express 3.0 x4およびSATA接続、裏側がPCI Express 3.0 x4接続。

DIMM.2も対応スロットもDDR4メモリと同形状なため、市販のメモリ用ファンを取り付けることができ、M.2ストレージに対して強力な冷却を行うことが可能となっています。

電源回路にはROGシリーズ用に特別に設計を行った「Extreme Engine Digi+」を搭載。

CPU電圧の制御やオーバークロック関連の処理を行う「TPU」、電源回路の制御をはじめとした電力供給関連の処理を行う「EPU」、CPUのクロックを生成する「PRO Clock」の3つのカスタムチップを搭載しており、オーバークロックの制御、CPU電圧と電源回路の制御、安定したクロックの生成を連携して行うことで、CPUの性能を最大限に引き出すことが可能です。

 




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Core m3内蔵・ペン非同梱のSurface Pro 4が発売
NEXT
ASUSよりビデオカードケース「ROG XG STATION 2」発売。ノートPCでデスクトップ向けビデオカードを使用可能に

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。