ThermaltakeよりPCケース「Core P3」強化ガラスモデル2種発売

投稿日:2019/03/30 更新日:


ThermaltakeよりPCケース「Core P3」強化ガラスモデル2種が発売されます。

Thermaltake国内正規代理店の株式会社アスクは2019年3月30日、PCケース「Core P3」の強化ガラスモデル「Core P3 TG Curve」「Core P3 TG」の2種を2019年4月5日より発売することを発表しました。市場想定価格は「Core P3 TG Curve」が1万9800円前後、「Core P3 TG」が1万4800円前後。

スペックは以下の通り。

製品名Core P3 TG CurveCore P3 TG
ケースタイプオープンフレーム
材質SPCC
対応マザーボードATX、microATX、Mini-ITX
対応電源ATX 12V(最大200mm)
対応グラフィックボード最大450mm(ラジエーターとリザーバー非搭載時)
最大280mm(ラジエーターとリザーバー搭載時)
対応CPUクーラー全高180mm
拡張スロット8
ドライブベイ3.5インチ×2または2.5インチ×3(表面)
3.5/2.5インチ共用×2(裏面、ドライブトレイ使用)
搭載可能ラジエータ420/360mm
搭載可能ファン140/120mm×3
付属ファンなし
I/OポートUSB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法333(W)×512(H)×470(D) mm
重量13.15kg11.3kg

Core P3 TG Curve

Core P3 TG

どちらの製品も、サイドに5mm厚の強化ガラスを採用したオープンフレームのPCケースです。

Core P3 TG Curveの強化ガラスはカーブ状になっており、90度回転させることで2通りの取り付けが可能。Core P3 TGはフラットパネル。

シャーシからドライブベイまで、ケース本体をすべてDIYで作ることが可能な「Dismantlable Modular Design」を採用しており、自由な構造のケースを作ることができます。

縦置き、横置き、壁掛けなどの設置方法に対応しており、設置スペースに合わせた設置方法を選択することが可能。

重さ以外はどちらのモデルも同じスペックになっています。重さは強化ガラスの面積が多い分、「Core P3 TG Curve」が約13.15kg、「Core P3 TG」が約11.3kg。大きさは333(W)×512(H)×470(D) mm。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-PCケース, ニュース
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.