ファーウェイよりトリプルカメラ搭載スマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」発表

投稿日:


ファーウェイよりトリプルカメラ搭載スマホ「HUAWEI Mate 20 Pro」が発表されました。



ファーウェイ・ジャパンは2018年11月28日、超広角のLeicaトリプルカメラを搭載したAndroidスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」を2018年11月30日に発売することを発表しました。市場想定価格は11万1880円。

現時点で取扱が発表されているのは、キャリアではソフトバンク単独で、MVNOではIIJmioやNifMo、mineo、楽天モバイルなど9社。各家電量販店やamazonや楽天ブックスなどの通販サイトでも発売予定。ソフトバンクは2018年12月7日より予約を受け付け、2018年12月中旬以降に発売するようです。

HUAWEI Mate 20 Proのスペックは以下の通り。

OSAndroid 9
プロセッサKirin 980
オクタコア(2.6GHz+1.92GHz+1.8GHz)
ディスプレイ約6.4インチ 2K+(3,120×1,440ドット)
有機EL
メモリ6GB
ストレージ128GB
アウトカメラトリプルカメラ
(有効画素数約4,000万画素+約2,000万画素+約800万画素)
インカメラ有効画素数約2,400万画素
対応周波数FDD-LTE : Band 1/2/3/4/5/6/7/8/9/12/17/18/19/20/26/28/32
TDD-LTE : Band 34/38/39/40/41
キャリアアグリゲーション対応
WCDMA : Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900 MHz
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
BluetoothBluetooth 5.0
バッテリー4,200mAh
防水防塵IPX8/IP6X
重さ約189g
サイズ
(幅×高さ×厚さ)
約72×158×8.6mm

HUAWEI Mate 20 Proは、Leicaの超広角トリプルカメラを搭載した、ファーウェイのフラグシップモデルスマートフォン。

プロセッサにはKirin 980を搭載し、メモリ6GB、ストレージ128GB。外部メモリはmicroSDとは異なるファーウェイ独自の「NMカード」というメモリーカードになります。こちらも家電量販店などで販売予定の模様。

ディスプレイは約6.4インチの2K+(3120×1440)の有機ELを搭載。ディスプレイ上に指紋認証を採用しています。上部にはノッチ(切り欠き)あり。

アウトカメラは約4,000万画素+約2,000万画素+約800万画素のLeica製トリプルカメラを搭載。光学3倍ズームや、AIによるカメラ撮影が可能です。インカメラは約2400万画素。

防水防塵に対応、NFCも対応しますがおサイフケータイは非搭載。3Qiの急速充電に対応しており、別売りの15W HUAWEIワイヤレスクイックチャージを使うことでワイヤレスでも急速充電が可能。

SIMはnanoSIMを2枚搭載可能で、DSDVにも対応しています。現時点ではドコモとソフトバンクのVoLTEがサポートされており、au VoLTEはソフトウェア更新で対応するようです。

2018年11月30日~12月31日までにMate 20 Proを購入し、2019年1月15日までに特設サイトで応募すると商品券1万円分がもらえるキャンペーンも開催予定。

HUAWEI Mate 20 Pro 発売記念キャンペーン

 

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-未分類
-,

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.