CORSAIRより750Wの80PLUS GOLD電源「RM750x 2018」発売

投稿日:


CORSAIRより750Wの80PLUS GOLD電源「RM750x 2018」が発売されます。


代理店のアスクとリンクスは2018年4月6日、CORSAIR製の80PLUS GOLD電源「RM750x 2018」を2018年4月14日より発売開始することを発表しました。市場想定価格は1万7500円前後。

RM750x 2018のスペックは以下の通り。

製品名RM750x 2018
定格出力750W
規格ATX12V v2.4、EPS 2.92
PFCActive PFC
搭載ファン135mm ライフルベアリングファン×1
80PLUS80PLUS GOLD
入力電圧100~240V
入力周波数範囲47~63Hz
入力電流5~10A
出力+3.3V:25A
+5V:25A
+12V:62.5A
-12V:0.8A
+5VSB:3A
コネクタ20+4ピン メインコネクタ×1
4+4ピン ATX12Vコネクタ×2
6+2ピン PCI-Eコネクタ×4
4ピン ペリフェラルコネクタ×8
15ピン SATAコネクタ×9
4ピン フロッピーコネクタ×1
最大動作温度50℃
MTBF100,000時間
保護装置OVP、OCP、OTP、SCP、OPP、UVP
本体サイズ150(W)×86(H)×160(D) mm
重量約1.7kg
保証期間10年

RM750x 2018は2015年12月に発売した「RM750x」の後継モデル。従来モデルよりも奥行きが20mm短くなっています。

すべての液体、個体コンデンサに日本メーカー製の105℃コンデンサを採用し、長い寿命で安定した電圧を提供。冷却ファンには負荷に応じて回転を止める「Zero RPM Fan Mode」機能に対応。

フルモジュラー式ケーブルを採用しており、必要に応じてケーブルを着脱可能。ケース内のエアフローなどを考慮しながら組むことができます。

サイズは150(W)×86(H)×160(D) mmで、重量は約1.7kg。10年の長期の保証期間があります。

 

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。 なんで二次元キャラのヘッダーなんですかね。PCやスマホ関係ないですね。

-ニュース, 電源ユニット
-

Copyright© 公安9課 , 2018 All Rights Reserved.