ASUSよりIntel B365搭載 ATXゲーミングマザー「ROG STRIX B365-F GAMING」発売

投稿日:2019/06/06 更新日:

ASUSよりIntel B365搭載 ATXゲーミングマザー「ROG STRIX B365-F GAMING」が発売されます。

ASUS JAPAN株式会社は2019年6月6日、Intel B365チップセットを搭載したATXサイズのゲーミングマザーボード「ROG STRIX B365-F GAMING」を2019年6月7日より発売することを発表しました。市場想定価格は1万5500円前後。

スペックは以下の通り。

製品名ROG STRIX B365-F GAMING
対応CPU第9/8世代 Intel Core, Pentium Gold/Celeron プロセッサ
対応ソケットLGA 1151
チップセットIntel B365
対応メモリDDR4-2666×4(最大64GB)
拡張スロットPCIe 3.0x16×2, PCIe 3.0x1×3
画面出力端子HDMI×1, DisplayPort×1、DVI-D×1
ストレージ機能M.2×2, SATA 6Gb/s×6
USB機能USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×4、USB 2.0×8
ネットワーク機能1000BASE-T×1
フォームファクター(サイズ)ATX(305mm×244mm)
公式サイトROG STRIX B365-F GAMING | マザーボード | ASUS 日本

ROG STRIX B365-F GAMINGは、Intel B365 Expressチップセットを搭載した、コスパに優れるATXサイズのゲーミングマザーボード。

ASUS Aura Sync RGBイルミネーションに対応しており、アプリケーションから自分好みの光り方をコントロールすることが可能。また、5050タイプのLEDテープに対応するピンヘッダを搭載しています。

高機能オーディオ設定ソフト「Sonic Studio III」や、高音質オーディオ機能「Sonic Radar III」、FPSのゲームなどにおいて敵の足音や銃声の方向と距離を画面上に視覚的に表示することができる「ROG SupremeFX」機能などを搭載しています。

また、CPU負荷の低いIntel製LANコントローラー「Intel I219-V」、データ通信の優先度をあげることでゲームのタイムラグを減らすソフト「GameFirst V」を搭載。

メモリはDDR4-2666×4で最大64GBに対応。拡張スロットはPCIe 3.0x16×2、PCIe 3.0x1×3で、ストレージはM.2×2、SATA 6Gb/s×6。

インターフェースはHDMI×1、DisplayPort×1、DVI-D×1、USB 3.1 Gen 2×2、USB 3.1 Gen 1×4、USB 2.0×8。

関連記事



  • この記事を書いた人
しなちく

しなちく

ヘッダーとか描いたり画像作ったりたまに記事書いてます。

-ニュース, マザーボード
-

Copyright© 公安9課 , 2019 All Rights Reserved.