解説

auからUQモバイルへの乗り換えのメリット・デメリット・注意点まとめ

auからUQモバイルへの乗り換えのメリット・デメリット・注意点まとめ。

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します


楽天モバイルでお得なキャンペーン実施中!

  • 使った分だけ支払うお得なワンプラン
  • 初めての申し込み&スマホ購入で楽天ポイントが最大2万4000ポイント貰える
  • Rakuten Linkアプリを使えば通話し放題
  • 楽天市場での買い物が常時ポイントアップ(ダイヤモンド会員なら最大16倍)

毎月大量にデータ通信するならデータ使い放題の楽天モバイルがオススメ!引っ越しや新居で光回線の開通までの固定回線代わり、旅行時・帰省時の固定回線代わりなどでもオススメですよ!

auからUQモバイルに乗り換えるメリットまとめ

月額料金が安くなる

auからUQモバイルに乗り換えると、月額料金が間違いなく安くなります。

UQモバイルで一番安いのはくりこしプランSで、月間データ容量3GBで月額1628円で利用できます。1年目・2年目以降も基本料金はずっとそのまま、縛りや契約解除料もありません。

家ではWi-Fiを使って通信していて、外ではほとんどデータ通信しない、動画も見ないよという人は3GBで余裕で収まるでしょう。

くりこしプランM/Lを契約すると、基本データ容量超過時でも通信速度が最大1Mbpsで通信できます。

最大1Mbpsは、他の格安SIMの昼休みの時間帯くらいの通信速度です。

auからUQモバイルに乗り換えるときはMNP予約番号の発行は不要

auからUQモバイルに乗り換えるときは、au側でMNP予約番号の発行は不要です。

auで購入したAndroidスマホやiPhoneがそのまま使える

UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しているので、auで購入したAndroidスマホやiPhoneがそのまま使えます。

auからUQモバイルに乗り換える前に、My auでSIMロック解除手続きをすることをオススメします。

auで販売されているAndroidスマホのなかには、SIMロックを解除すればドコモ回線やソフトバンク回線に対応するものがあります。

iPhoneは、SIMロックを解除すればドコモ回線/au回線/ソフトバンク回線/楽天モバイル回線にフル対応します。

実店舗があるので困ったときに相談できる

UQモバイルは、UQスポット、auショップ、au Styleで申し込みの受付などを行っています。万が一のときも安心です。

UQスポットは、新規申し込み、修理受付、契約情報変更、機種変更などの手続きを受け付けています。

auショップは、新規申し込み、契約情報変更、機種変更などの手続きを受け付けています。

au Styleは、新規申し込み・修理受付・契約情報変更・機種変更などの手続きを受け付けています。

au ID, au Walletポイント, Pontaポイントを引き継げる

auからUQモバイルに乗り換えるときは、au IDでのログインを求められます。

そのため、UQモバイルに乗り換えてからも、auで使っていたau IDとau Walletポイント、au PAY, PontaポイントなどのポイントはUQモバイル乗り換えても引き続き利用できます。

au回線を使用した格安SIMのなかでは通信速度が一番速い

UQモバイルはau回線を使用してサービスを提供しています。

そもそもUQモバイルはauのサブブランドになります。ソフトバンクでいうワイモバイルと同じポジションです。

UQモバイルは2020年10月1日からはKDDIによりサービスが提供されていますが、サービス開始から2020年9月30日までは「UQコミュニケーションズ」がサービスを提供していました。

そのためau回線を使用した格安SIMのなかでは通信速度が一番速く安定しています。時間帯によって通信速度が著しく低下することはないでしょう。

auかんたん決済が利用できる

UQモバイルでもauかんたん決済が利用できます。

Google Play 、 App Store 、 Apple Music 、 iTunes Store 、 Apple Books で購入したアプリケーションやデジタルコンテンツ、ショッピング等の代金をUQ mobileのご利用料金とまとめてお支払いいただける便利なサービスです。

auのインターネットサービスやauでんきを利用しているなら「自宅セット割」が利用可能。プランSなら月額990円から利用可能に!

auのインターネットと電話サービス、auでんきを利用している人は、「自宅セット割」が利用できます。

自宅セット割により、

  • くりこしプランS+5Gなら毎月638円割引が適用されて月額990円から
  • くりこしプランM+5Gなら毎月638円割引が適用されて月額2090円から
  • くりこしプランL+5Gなら毎月858円割引が適用されて月額2970円から

利用できます。

LINEのID検索が利用できる

UQモバイルで現在提供されている「くりこしプランプラン5G」を契約している人は、LINEの年齢認証が可能です。

AndroidスマホもiPhoneもテザリングが無料で利用できる

UQモバイルでは、申込不要でテザリング機能が無料で提供されています。

iPhoneは2018年10月31日からiPhone向けにテザリング機能の提供を開始しています。

AndroidスマホはSIMフリーであれば基本的に利用できます。キャリア版Androidスマホはたまにテザリング非対応があるので

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

auからUQモバイルへの乗り換えの注意点やデメリット

全部ここに書いてます

解約時の注意事項については、auが「解約にあたっての重要事項説明書」をインターネットにアップしているので、これを見てください。

このページに書いてあることは、だいたいこの説明書からいくつか抜粋しています。

auからUQモバイルから乗り換えではキャッシュバックがもらえない

UQモバイルではSIMのみを新規契約またはMNP転入で契約すると、au PAY残高還元キャンペーンは適用されません。

auからUQモバイルに乗り換えるときは、契約解除料、MNP転出手数料、UQモバイルの契約事務手数料が免除されます。

auからUQモバイルに乗り換えるときに、au側で絶対にやってはいけないこと

auからUQモバイルに乗り換えるとき、

  • auショップに行ってauを解約する
  • auを解約してからUQモバイルを申し込む
  • auでMNP予約番号を発行した後にauを解約する

といった行為は絶対にしないでください。

auからUQモバイルに回線を切り替えるための「回線切替手続き」が完了すると、auは自動で解約されます。

「ネットでMNPで手続きすると使えなくなる期間がある」などという古い情報をいつまでたっても掲載しているサイトがありますが、今は使えなくなる期間はありません。

UQモバイルの会員専用ページで、受付期間内であれば、いつでも自分の好きなタイミングでauからUQモバイルに回線を切り替えるための手続きができます。

月間データ容量が最大25GB、データ無制限プランがない

UQモバイルの月間データ容量が一番大きいプランはくりこしプランLで、月25GBになります。

また、UQモバイルにはauの「使い放題MAX 5G/4G」のような、データ使い法だプランはありません。

これまでガンガンスマホで動画を見ていた人がUQモバイルに乗り換えると、あっという間に月間データ容量を使い果たすでしょう。

速度制限がある

通信速度の制限は0~24時までを1日とし、前日までの直近3日間の通信量が「6GB」を超えている場合はネットワークの品質および利用の公平性確保を目的に、通信速度の制限を行います。

という記載があります。まあauからUQモバイルに乗り換えてガッツリ使う人もあまりいないかと思いますが・・・・・・。

auのキャリアメールアドレスが使えなくなる

auからUQモバイルに乗り換えるときに、auメール持ち運び | サービス・機能 | auを利用しない場合はauで提供されているキャリアメールアドレスが利用できなくなります。

auのキャリアメールアドレスを使用してWEBサービスに会員登録している場合は、UQモバイルに乗り換える前にメールアドレスを変更しておきましょう。

UQモバイルを申し込むときは、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを使って申し込みましょう。

なお、UQモバイルではキャリアメールアドレスと判別される有料メールアドレスが月額220円で提供されています。

auスマートバリュー、家族割プラスが適用されなくなる

auからUQモバイルに乗り換えると、auスマートバリューと家族割プラスが適用されなくなります。

また、auからUQモバイルに乗り換えることによって、「契約者が多いほど割引額が増える」タイプの割引サービスで、割引額が減ってしまう可能性があります。

スペックの良いAndroidスマホが無い

UQモバイルでは、性能が高いAndroidスマホは販売していないことが多いです。

WEBからの申し込みは口座振替は利用不可

UQモバイルの料金の支払方法は、クレジットカード払いと口座振替の2つが利用可能です。

しかし、UQモバイルオンラインショップから申し込むとき、新規契約時は口座振替での支払いはできないようになっています。

どうしてもUQモバイルを新規契約したい、料金の支払方法は口座振替がいい、という人は、UQモバイルのショップ実店舗に行かないとダメです。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイルをチェックする

赤いボタンを押すと公式オンラインショップに移動します

SIMカード/eSIMのみを契約すると、au PAY残高最大1万3000円相当還元!

UQモバイル公式オンラインショップで、SIMカード/eSIMを新規契約または他社から乗り換えで、くりこしプラン+5G(S/M/L)で契約すると、au PAY残高で最大1万3000円相当還元されるキャンペーンが実施されています。

詳細は、UQモバイルキャンペーン解説記事をご覧ください。

UQモバイル公式オンラインショップはこちらから!

UQモバイル公式オンラインショップ

赤ボタンを押すとUQモバイル公式オンラインショップに移動します

SIMのみ契約時の端末補償は、月700円で年間10万まで保証する「モバイル保険」がオススメ

モバイル保険とは、モバイル端末が壊れたときの修理費用を10万円まで保障する保険です。スマホ、タブレット、ノートパソコン、ゲーム機までWi-Fiに繋がる機器全般が対象です。

モバイル保険のポイント

  • 月額保険料700円
  • 年間10万円まで補償(主端末が10万円、副端末が2台あわせて最大3万円まで、合計で10万円まで)
  • 自己負担金なし
  • 1契約で3端末まで補償可能

通信キャリアに制限はないので、他社に乗り換えてもそのまま継続して利用できます。サブブランドや格安SIMを渡り鳥のように利用している人にオススメです。

スマホを買い替えた場合や保証対象とする機器を追加・変更したい場合は、マイページからいつでも簡単に手続きできます。

壊れたスマホの写真を撮って修理に出して、修理報告書・領収書またはレシートの写真を撮影して、マイページから保険金申請を行うと、最短5営業日で保険金が振り込まれます。

   

  • この記事を書いた人

ユキナビ

ユキナビでは、UQモバイルに関するあらゆる情報を分かりやすく解説しています。特にキャンペーン記事は、2016年9月から最新情報を常に追い続けています。他の人には絶対に負けない自信があります。

-解説