未分類 解説

楽天モバイルで音声通話SIMのみ新規契約時の手順やポイントまとめ

楽天モバイルで音声通話SIMのみ新規契約時の手順やポイントまとめ。

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズが9月17日21時から予約受付開始!SIMフリー版と同じ価格で上乗せ無し!

楽天モバイルでもiPhone 13シリーズを販売します!9月17日21時から予約受付を開始し、2021年9月24日午前8時より発売します。

楽天モバイルのiPhoneの販売価格はSIMフリー版と同じです。他社では数千円から数万円程度上乗せしていますが、楽天モバイルは上乗せしていません。また、楽天モバイルで販売しているiPhoneは全てSIMフリーです。

iPhone 13 mini 128GBモデルは、Apple StoreでSIMフリー版を買うよりも20円安く購入できます。

楽天モバイルのiPhone 13シリーズの販売価格の詳細や予約購入はこちらから。

iPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズが値下げ!

楽天モバイルでは2021年9月16日にiPhone SE(第2世代)やiPhone 12シリーズの販売価格が値下げされました。

たとえば、iPhone SE(第2世代) 64GBモデルは1万370円、iPhone 12 64GBモデルは2万1376円値下げされています。

他社から乗り換え時は2万2000円割引が適用されプラン料金3ヶ月無料、楽天ポイント5000ポイント還元も適用されます。他社から乗り換えだと自分でSIMフリー版を買ってくるよりも楽天モバイルで買ったほうが安い、かなりお得な状態になっています。

楽天モバイルで販売されているiPhoneはSIMフリーですし、購入時であれば故障紛失保証 with AppleCare Services に加入できます。

参考までに容量が一番低いモデルの販売価格をまとめました。

モデル旧価格新価格2万2000円割引
適用時
iPhone SE
64GB
55,170円44,800円 22,800円
iPhone 12 mini
64GB
87,712円69,800円 47,800円
iPhone 12
64GB
101,176円79,800円 57,800円
iPhone 12 Pro
128GB
127,395円112,800円 90,800円
iPhone 12 Pro Max
128GB
141,700円122,800円 100,800円

楽天モバイルで販売されているiPhoneの販売価格の詳細や購入はこちらから。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します


UQモバイルでSIMのみ契約するとau PAY残高で最大1万円相当キャッシュバック!

楽天モバイルで音声通話SIMのみ新規契約時の手順やポイントを最初にまとめ

SIMのみ契約+キャリア版スマホを使う

  • auで購入したAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルで使えるか確認
  • 楽天モバイルを契約する前に、キャリア版スマホのSIMロックを解除する
  • 楽天モバイルのSIMを新規契約で申し込む
  • SIMが手元に届き次第、my楽天モバイルで開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • Rakuten Linkアプリの初期設定、インストール、利用をする

SIMのみ契約+SIMフリースマホを使う

  • 楽天回線対応製品であるSIMフリースマホを用意する
  • 楽天モバイルのSIMを新規契約で申し込む
  • SIMが手元に届き次第、my楽天モバイルで開通手続きを行う
  • SIMをスマホに挿してAPN設定をする
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • Rakuten Linkアプリの初期設定、インストール、利用をする

不安なら楽天モバイルのスマホを契約するのが一番です

楽天モバイルで今まで使ってきたスマホをそのまま使うのは結構難易度が高いです。格安SIMとかスマホとかに慣れた人でも難しく感じることがあります。

UQモバイルやワイモバイルだとこのスマホは普通に使えるのに、楽天モバイルでは使えないことがよくあります。

楽天モバイルで提供されている全ての機能を完璧に利用するためには、楽天回線対応製品を買う必要があります。

不安な人は楽天モバイルで販売されているスマホを購入するのが一番ですよ。

  • auでMNP予約番号を発行する
  • MNP予約番号の有効期限が7日以上ある状態で、楽天モバイルのスマホをを申し込む
  • スマホが手元に届き次第、MNP開通手続きを行う
  • スマホの初期設定・セットアップを完了させる
  • Wi-Fiをオフにして、ブラウザアプリでWebサイトが見れること、電話ができることを確認して利用開始
  • Rakuten Linkアプリの初期設定、インストール、利用をする

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

楽天モバイルで音声通話SIMのみ新規契約時の手順

【手順①】楽天モバイルで使う予定のスマホが動作確認されているか確認

楽天モバイルで使う予定のAndroidスマホやiPhoneが楽天モバイルで動作確認されているかどうかは、楽天モバイルのご利用製品の対応状況確認を見て確認ください。

【手順②】楽天モバイルを契約する前に、キャリア版スマホのSIMロックを解除する

楽天モバイルでドコモ/au/ソフトバンクなどで購入したiPhoneやAndroidスマホを使うなら、楽天モバイルに乗り換える前にスマホのSIMロック解除が必須です。

楽天モバイルの開通も完了している、APN設定をしているのに楽天モバイル回線が使えないというときは、大抵SIMロックを解除していません。

SIMロック解除でかかる費用

Web上で解除ショップで解除
ドコモ無料 (My docomo)3000円
au無料 (My au)3000円
ソフトバンク無料 (My SoftBank)3000円

SIMロック解除にかかる費用は、Web上で行えばどのキャリアにおいても無料です。

ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップでもSIMロック解除でも行うことは可能ですが、3000円の手数料がかかります。 Web上でのSIMロック解除をオススメします。

【手順4】楽天モバイルの音声通話SIMを「nanoSIM」で申し込む

本人確認書類、楽天会員ユーザーID/パスワード、クレジットカード、MNP予約番号などの必要なものを用意して楽天モバイルの音声通話SIMを新規契約で申し込みましょう。

楽天モバイルでは「新規電話番号を取得」が新規契約にあたります。

楽天モバイルで使う予定のスマホがeSIMに対応していない場合や、nanoSIMとeSIMどちらを選んだほうがいいか分からない人はnanoSIMで申し込んでください。

nanoSIMで申し込むのがオススメです。nanoSIMからeSIMに変更するときの手数料は無料ですし、eSIMへの切替はmy 楽天モバイルで行えます。

eSIMはスマホ上級者向けのSIMです。人に聞かなくても自分で問題を解決できる人、私はスマホに詳しい、という人だけが申し込んでください。

辛辣な言い方をしますが、

  • 他人に聞かないと分からない
  • そもそも聞いてもなんだかよく分からない
  • スマホの設定を他人にやってもらった
  • お客様センターに長時間電話して操作方法を聞いたことがある
  • キャリアショップで長時間カウンターを占拠して操作方法を聞いたことがある

ような人がeSIMで申し込むと絶対にトラブルを起こすのでやめてください。

楽天モバイル新規契約時に必要なもの

必要なもの

  • 本人確認書類
  • 楽天会員ユーザーID/パスワード
  • 契約者本人名義のクレジットカードや銀行口座

ドコモ/au/ソフトバンクで提供されているキャリアメールアドレスは、キャリア解約後はメールの送受信が一切できません。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを取得して申し込んでください。

本人確認書類は運転免許証などを用意しておきましょう。 申し込み時に使える本人確認書類については、本人確認書類 | お客様サポート | 楽天モバイルをご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

【手順⑥】スマホに楽天モバイルのSIMカードを挿す

スマホに楽天モバイルのSIMカードを挿してください。

SIMカードの入れ替え方がわからない場合は、YouTubeで「SIMカード 入れ替え」などで検索するといっぱい動画が出てくるので、それを見て参考にしてください。

また、SIMやスマホと一緒にスタートガイドが同梱されているので、それを見て進めていきましょう。

SIMの切り取りが必要

楽天モバイルでSIMのみ申し込むときの選択肢は「nanoSIM」と表示されているんですが、実際に送られてくるのは「マルチSIM」というものです。

マルチSIMとは、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3つのサイズに切り取れるタイプのSIMカードです。自分の使いたいスマホのサイズに切り取って使いましょう。

楽天モバイルで動作確認されているスマホはだいたい「nanoSIM」です。nanoSIMは一番サイズの小さいSIMカードなので、SIMカードの切り取りで失敗することは絶対にありません。

iPhoneの場合

楽天モバイルのSIMを挿して起動すると、iPhoneのアクティベーションを求められることがあります。

画面の指示に従ってApple IDとパスワードを入力しましょう。

楽天回線対応製品のAndroidスマホの場合

楽天海鮮対応製品にSIMカードをセットすると、自動的に楽天回線が開通します。

特に設定も不要で開通してくれるので、Wi-FiをオフにしてChromeなどのブラウザアプリを開いて、Webサイトにアクセスできることを確認してください。

他社Androidスマホの場合

キャリアで購入したAndroidスマホに楽天モバイルのSIMを挿して起動すると、「ロック解除PIN」とか「SIMロックの解除コード」の入力を求められることがあります。

SIMロックを解除するための番号は、送られてくるメールや、SIMロック解除受付画面で表示されます。メモしておきましょう。

スマホが1台しかない、パソコンもない人はメールが見れないので注意してください。メモしときましょう。

【手順⑦】APN設定を行う

iPhoneやAndroidスマホで楽天モバイルの回線を使えるようにするためには、APN設定が必要になります。

楽天回線対応製品のAndroidスマホの場合

APN設定は不要で、自動で楽天回線に繋がります。

Androidスマホの場合

Androidスマホは、SIMフリーであればAPN設定があらかじめインストールされています。

SIMを挿したら勝手にAPN設定してくれるもの、SIMを挿してAPNリストの中から選択するものがあります。

キャリア版Androidスマホは、ほぼ確実に手動でAPN設定しないといけません。

APN名楽天(rakuten.jp)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミングプロトコルIPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

iPhoneの場合

iPhoneはAPN設定は手動で行わないといけません。

もしもiPhoneにAPN構成プロファイルがインストールされている場合は、MNP開通手続きやAPN設定の前にプロファイルの削除を行って下さい。

【手順⑧】Rakuten Linkの利用登録とSMS認証(アクティベーション)を完了させる

楽天モバイルが用意したメッセージアプリの「Rakuten Link」の利用登録とSMS認証を完了させましょう。

Rakuten Linkは簡単に言うとLINEみたいなもので、Rakuten Link同士の通話なら世界中どこから通話・メッセージをしても無料で利用できます。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

 

楽天モバイルではSIMのみ契約するときの注意点

楽天モバイルを契約する前に、SIMロック解除が必須

  • auから楽天モバイルに乗り換え
  • auで購入したAndroidスマホやiPhoneを楽天モバイルでも使う

という場合は、楽天モバイルを契約する前にauでスマホのSIMロック解除が必須です。絶対にSIMロックを解除してください。

楽天回線対応製品以外は動作保証外

そもそもの話ですが、楽天モバイルは、楽天モバイルが楽天回線対応製品だと認定した製品以外はすべて動作保証対象外としています。

auで購入してきたスマホなんて完全に動作保証対象外なので、使えなかったとしても全く文句は言えない状況になります。自己責任です。

楽天回線対応製品のページに無いスマホはすべて動作保証対象外です。

キャリア版Androidスマホは楽天モバイルで使えるか微妙

キャリア版Androidスマホは、まともに動作確認されていなかったり、動作確認されていても「使えない」判断されているものが多いです。

まともに使えるのは、2018年~2019年以降にauから販売されたAndroidスマホくらいです。

楽天モバイルで動作確認されているか確認してください

自分の使っているauのAndroidスマホが楽天モバイルで動作確認されているかどうかは、楽天モバイルのご利用製品の対応状況確認をご覧ください。

auのスマホの周波数帯の確認はこちら

自分の使っているauのAndroidスマホがLTE Band 3/18/26に対応しているかはSIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧をご覧ください。

iPhoneの利用は自己責任。iPhone XS以降の機種が利用可能

キャリアから販売されたiPhoneは、iPhone XS以降であればSIMロックを解除すれば楽天モバイル回線が利用できるようになります。

ただし、楽天モバイルにおいてiPhoneの利用は自己責任ですし、動作保証対象外す。何があっても自分で対処することになります。

ドコモ/au/ソフトバンクで販売されているiPhoneは、SIMロックを解除していないときは購入したキャリアでしか使えません。ドコモで購入したiPhoneならドコモ回線しか対応していません。

しかし、SIMロックを解除すると、ドコモ/au/ソフトバンク/楽天モバイルで使っている周波数帯にフル対応します。iPhoneは無敵です。

接続回線の自動切替が非対応だと要注意

自分の使いたいスマホの動作確認情報を見て、「接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線)」が✕マークになっている場合は注意が必要です。

接続回線の自動切替が非対応だと、楽天回線エリアにいるのにパートナー回線で通信してしまい、パートナー回線の月5GBを消費してしまう可能性があります。

接続回線の自動切り替えは楽天回線対応製品だけが対応しています。もう楽天回線対応製品を買えと言っているようなものです。

楽天回線対応製品か、楽天モバイルのスマホを買うのがトラブルが無くて一番良い

結局のところは、自分でスマホを用意して楽天モバイルを使うときは、楽天回線対応製品か、楽天モバイルで販売されているスマホを購入するのが一番望ましいです。

楽天回線対応製品は、楽天回線での接続性検証の確認が取れているため、楽天モバイルで提供されているすべての機能が利用できます。

もちろん先述した接続回線の自動切替機能も利用できるので、うっかりパートナー回線で通信してしまった、なんてこともありません。

詳細は楽天回線対応製品をご覧ください。

楽天モバイルの詳細はこちらから!

楽天モバイル公式

ボタンを押すと楽天モバイル公式サイトに移動します

-未分類, 解説