公安9課

*

ZTEの5.5インチSIMフリースマホ「ZTE Blade V580」発表。FullHDで約3万

   

ZTE-BLADE-V580

ZTEの5.5インチSIMフリースマートフォン「ZTE Blade V580」が発表されました。

ZTEジャパンは2016年3月8日、SIMロックフリースマートフォン「ZTE Blade V580」の発売を発表しました。同日よりヨドバシカメラなどの家電量販店、NTT-X Storeなどのネット通販で先行予約の受付を開始し、3月25日より代理店のダイワボウ情報システム株式会社を通じ販売を開始します。

スペックは以下の通り。

製品名 ZTE Blade V580
OS Android 5.1
ディスプレイ 5.5インチ
(1920×1080, FullHD)
プロセッサ MediaTek MT6753
(1.3GHz, オクタコア)
メインメモリ 2GB
ストレージ 16GB
カメラ(背面/前面) 1300万画素/500万画素
外部メディア規格 microSD/最大32GB
(nanoSIMカードスロットと排他利用)
Wifi IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
GPS GPS, A-GPS
センサー類 指紋センサー/コンパス/ジャイロセンサー
照度センサー/近接センサー
SIMタイプ nanoSIM×2
(SIM2枚同時使用時はいずれか1スロットがGSM専用に)
(うち1つのスロットはmicroSDカードスロットと兼用)
ネットワーク周波数帯 [LTE] Band 1, 3, 8, 19
[W-CDMA] Band 1, 6, 8, 19
[GSM] 1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHz
バッテリー容量 3000mAh
高さ×幅×奥行 約155.3×77.2×8.6mm
重量 約165g
定価価格(税込) 3万24円
本体カラー シルバー・グレー
製品公式 ZTE Blade V580 – ZTE Japan

 

ZTE-Blade-V580-body

ZTE Blade V580は5.5インチの大画面にFullHDの高精細ディスプレイを採用し、指紋認証セキュリティを搭載しながらも本体価格が約3万円という低価格を実現。本体は高級感ただようメタリックボディと手に馴染みやすいラウンドシェイプ。

その他のスペックはこの価格帯のSIMフリースマートフォンではいたって普通で、CPUは1.3GHz駆動でオクタコアの「MediaTek MT6753」、メモリ2GB、ストレージ16GB、メインカメラ1300万画素、フロントカメラ500万画素、IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0、nanoSIMスロット・microSDまたはnanoSIMスロット、バッテリー容量3000mAhといったところ。

対応しているネットワーク周波数帯はLTE Band 1, 3, 8, 19、W-CDMA Band 1, 6, 8, 19。docomoのプラチナバンドであるLTE Band 19やFOMAプラスリアであるW-CDMA Band 6, 19に対応しているのでプラスエリアおじさんでも安心して利用できます。

nanoSIMカードスロットを2つ搭載しているいわゆる「デュアルSIM」ですが、SIMカードを2枚同時に使用する際はいずれか1スロットがGSM専用スロットになってしまうため、GSMサービスをやっていない日本においては何の役にも立ちません。どちらをGSM専用スロットにするかは設定により切り替え可能。なお、2つのうち1つのスロットはmicroSDカードスロットと排他仕様になっています。

 

メタリックボディなので少なくともプラスチック製のものよりかは質感はいいはずですし、なんといっても約3万円で5.5インチFullHDの端末というのは魅力的ではないでしょうか。手の大きい人、FullHDないと許せないという人にオススメできそうです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSTeKがac対応最大2167Mbps、有線LAN8ポート搭載ルーター「RT-AC88U」発売
NEXT
指紋認証センサー付きSurface Pro 4 タイプカバーが発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。