公安9課

*

「ZTE AXON mini」が4月8日より5000円値下げ。本体価格3万4800円に

   

ZTE-AXON-mini

ZTEのSIMフリースマホ「ZTE AXON mini」が4月8日より5000円値下げされます。

ZTEジャパンは2016年4月7日、現在発売中のSIMフリースマートフォン「ZTE AXON mini」の本体価格値下げを4月8日より実施すると発表しました。新価格は税抜3万4800円。発売当初は税抜3万9800円なので5000円の値下げとなります。

ZTE AXON miniのスペックは以下の通り。

 製品名 AXON mini
OS Android 5,1
ディスプレイ 5.2インチ
(1920×1080, FullHD)
アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)液晶
CPU Qualcomm Snapdragon 615
(1.5GH, zオクタコア)
メインメモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
外部メディア規格/最大容量 microSD/128GB
カメラ メイン : 有効画素数1300万画素
フロント : 有効画素数800万画素
Wi-Fi IEEE 802.11 b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1
測位方式 GPS/AGPS/Glonass/Beidou
SIMタイプ スロット1: nanoSIM
スロット2 : microSD/nanoSIM
通信方式 [LTE] Band 1, 3, 18
[W-CDMA] Band 1, 6, 19
[GSM] 1900MHz/1800MHz/900MHz/850MHz
バッテリー容量 2000mAh
連続通話時間/連続待受時間 約450時間/約20時間
幅(W)×高さ(H)×厚さ(D) 約143.5×70×7.9mm
重量 約132g
製品公式 AXON mini – ZTE Japan

ZTE-AXON-mini

AXON miniはアルミ合金のボディで2.5次元CNC曲面加工技術を施した持ちやすいラウンドフォルム。スリム(厚さ:約7.9mm)&コンパクトボディ(幅:約70mm)と軽量化(132g)を実現。

5.2インチのフルHDディスプレイに有機EL(AMOLED)パネルを採用し、狭額ベゼルにより約76%の高い画面占有率を実現。プロセッサはQualcomm Snapdragon 615(1.5GHz, オクタコア)を採用し、RAM3GB/ROM32GBとあわせて高いパフォーマンスを実現しています。IEEE802.11 b/g/n/acやハイレゾ音源にも対応。

通信方式はLTE Band 1, 3, 19, W-CDMA Band 1, 6, 19に対応しています。docomoのプラチナバンドであるLTE Band 19、FOMAプラスエリアであるW-CDMA Band 6/19をバッチリ利用できるので通信面での心配はなさそうです。

SIMスロットを2つ搭載していますが、スロット1/2の両方にnanoSIMカードを挿して使用する場合、いずれかの1スロットはGSM専用となります。(設定により切り替え可)スロット2はmicroSDまたはnanoSIMいずれか1枚のみ使用可能です。

 

情報元 : 「ZTE AXON mini」本体価格値下げのお知らせ – ZTE Japan



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI Y6」発売。スタイリッシュデザインのエントリーモデル
NEXT
Fractal Designの「Define Nano S」シリーズ発表。Mini-ITX対応ミニタワーケース

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。