公安9課

*

ZOTACの補助電源不要GTX950グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan」発売

   

ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan

ZOTACの補助電源不要GTX950グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan」が発売されます。

ZOTACの販売代理店であるアスクは2016年4月28日、NVIDIA GeForce GTX950を搭載するZOTAC社製グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan」を発売することを発表しました。発売時期は2016年5月上旬を予定し、予想市場価格は税抜1万7650円前後となっています。

ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fanのスペックは以下の通り。

製品名 ZOTAC GTX 950 Single Fan
GPU NVIDIA GeForce GTX 950
CUDAコア 768ユニット
メモリ GDDR5 2GB
メモリインターフェース 128ビット
コアベースクロック 1038MHz
ブーストクロック 1216MHz
メモリクロック 6610MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
2スロット占有
ディスプレイ出力端子 DL-DVI-I×1(2560×1600)
HDMI 2.0×1(3840×2160@60Hz)
Displayport 1.2×1(3840×2160@60Hz)
4画面出力対応
補助電源 なし
推奨電源 300W
消費電力 75W
対応OS Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP
外形寸法 約174×111.15×35.2 mm
付属品 ドライバディスク、ユーザーマニュアル
製品情報 ZOTAC GeForce GTX 950 Single Fan(アスク)
GTX 950 Low Power | ZOTAC(ZOTAC)

 

768ユニットのCUDAコアを搭載するMaxwellアーキテクチャのGeForce GTX 950を搭載。自動オーバークロック機能「GPU Boost 2.0」により、GPUのポテンシャルを最大限に発揮し、旧世代のGeForce GTX 650に対して、およそ3倍のグラフィックスパフォーマンスと2倍の電力効率を実現しています。

溝付きファンブレードを採用し、広範囲に滑らかなエアフローを生み出す90mm径ファンを搭載したシングルファン設計を採用。ボード全長が約174mmとコンパクトなサイズを実現しており、スペースが限られている小型PCへの組み込みにも最適です。さらに、アイドル時と低負荷時にファン回転を停止させることで騒音を低減する「FREEZE」テクノロジーに対応。安定性と静音性を高めています。

最大75Wの省電力設計を実現しているので補助電源が不要。補助電源の接続が不要になったことで配線の取り回しも容易に行えます。

DL DVI-I、HDMI、DisplayPortを用いた4画面出力をサポート。さらに、ディスプレイ同期技術である「G-SYNC」、ゲームに最高のパフォーマンスとリアルな映像を提供する「GameWorks」に加え、フルHDモニター上でも4K相当の精密度を実現する「Dynamic Super Resolutionテクノロジー」、画質を落とさず負荷の少ない新たなアンチエイリアス技術「MFAA」をサポート。ゲーミング環境に必要な機能を備えています。

 

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
東芝製MLC SSDを採用したCFDのSSD「HG6」シリーズスペックまとめ
NEXT
サイズのトップフロー型CPUクーラー「KABUTO3(SCKBT-3000)」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。