公安9課

*

Windows 7, 8.1のサポート期間が変更。Skylake搭載端末は2017年7月17日までに短縮

    [最終更新日]2016/08/27 00:28

Windows Logo

Windows 7と8.1のサポート期間が変更され、Skylake端末の場合は2017年7月17日までとなりました。

追記

2016年8月11日にサポートポリシーが更新されました。

Intel の第6世代CPU「Skylake」を搭載し、Windows 7/8.1がインストールされたPCのサポート期間については、Windows 7は2020年1月14日まで、Windows 8.1は2023年1月10日までに変更されました。事実上の撤回です。

なお、Microsoftがサポートを行うのはOEMメーカーのパソコンに搭載されているSkylake+Windows 7/8.1です。Skylake+DSP版Windows 7/8.1を使用した自作PCなどはすでにサポート対象外です。

Skylakeを搭載している場合のみサポート期間が短縮

米国Microsoftは2016年1月15日、Windows 7とWindows 8のサポート期間を変更しました。

Windows-lifecycle-fact-seet

Windows 7の延長サポート終了は2020年1月14日、Windows 8.1の延長サポート終了は2023年1月10日となっていましたが、Intelの第6世代CPU「Skylake」を搭載している端末は延長サポート終了が2017年7月17日までに短縮されました。

すべてのWindows 7, 8.1のサポート期間が短縮されるわけではない

どうも「Windows 7, 8.1がインストールされているすべてのパソコンのサポートが来夏・2017年7月17日に終了する!マイクロソフトはクソだ!」と勘違いしている人が多いのでまとめておきます。

  • Windows 7のサポート期間が2017年7月17日までに短縮されてしまうパソコンは、現状最新のCPUであるIntelの第6世代CPU「Skylake」を搭載し、Windows 7がインストールされているパソコンです
  • Windows 8.1のサポート期間が2017年7月17日までに短縮されてしまうパソコンは、現状最新のCPUであるIntelの第6世代CPU「Skylake」を搭載し、Windows 8.1がインストールされているパソコンです

Skylakeが発売された2015年8月5日以降に、Skylakeを搭載し、Windows 7, 8.1がインストールされているパソコンを購入した・自作したという人・法人だけが対象の問題です。関係ない人は騒がなくていいです。参考までにSkylakeの発売スケジュールは以下の通り。

  • 2015年8月5日 : 「Core i7-6700K」「Core i5-6600Kの」2モデルが発売
  • 2015年9月2日 : 上記2モデル以外のCore i7, Core i5が発売
  • 2015年10月6日 : Core i3, Pentiumが発売
  • 2016年1月29日 : Celeronが発売

発売日前にSkylake搭載パソコンが出回るわけがありませんね?だから2015年8月5日以降と断定しているのです。

最新世代じゃない人はサポート期間はそのまま

  1. 第1世代(Nehalem)~第5世代(Broadwell)、もしくはそれ以前の世代のCPUを搭載し、Windows 7がインストールされているパソコンのサポート期間は、従来通り「2020年1月14日」のままです。
  2. 第1世代(Nehalem)~第5世代(Broadwell)、もしくはそれ以前の世代のCPUを搭載し、Windows 8.1がインストールされているパソコンのサポート期間は、従来通り「2023年1月10日」のままです。

2015年8月5日以前にWindows 7がインストールされているパソコンを購入した・自作した人は、Windows 7, 8.1のサポート期間は従来通り2020年1月14日・2023年1月10日ののままです。

 

また、今後新世代CPUが登場する場合はその時点で最新のWindowsのみをサポートするようです。たとえば、Intelの次期CPU「KabyLke」、Qualcommの「8996」、AMDの「Bristol Ridge」はWindows 10のみをサポートする予定になっています。

 

とっととWindows 10に移行しろってことですね。

情報元 : Windows 10 Embracing Silicon Innovation | Windows Experience Blog

情報元2 : Windows 7/8サポート、Skylake搭載端末上の場合は2017年7月17日までに – ITmedia ニュース



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Skylake搭載端末のWindows 7/8.1サポート期間が1年延長。2018年7月17日まで
NEXT
【追記有】Pokemon GoはIntel Atom搭載端末は非対応。つまりZenfone 2非対応

コメント

  1. 匿名 より:

    Windows 7/8.1+Skylake PCでMicrosoftがサポートを行うのはOEMメーカーの製品のみだそうで、それ以外PCやDSP版を使う自作PCは既にサポート対象外となっているそうです。

    http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1015854.html

  2. 匿名 より:

    Android や ios に圧されて必死なんだろうね、迷走しまくりw
    そんなに 10 に乗り換えて欲しいのなら、10 では動かないレガシーアプリを増やすんじゃなく、
    10 でしか動かない魅力的な新アプリを増やせば良いのにね。
    ユーザーの感覚との間隔が大き過ぎ、MSさん。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。