公安9課

*

Windows8.1のDSP版を買ってWindows10にアップグレードした方が安く済む

   

Win10

Windows 10のDSP版を買うよりも、Windows 8.1のDSP版を買ってWindows 10にアップグレードした方が安く済むんです。

もうタイトルで完結してる感じがありますが、Windows 10のDSP版を買うよりもWindows 8.1のDSP版を購入してWindows 10へ無償アップグレードしたほうが安く済みます。

Windows 8.1のDSP版はOS単体で発売していますが、Windows 10のDSP版ではOSとPCパーツとのバンドル販売(セット販売)が復活してしまいました。

バンドル販売の対象となるパーツは、CPU、マザーボード、メモリ、SSD、HDD、CD/DVD/BDドライブ、CPUクーラー、グラフィックカード、拡張ボード(PCI, AGP, PCI Expressスロット対応)、ベアボーンキット。

Amazonなどの通販ではLANボードやUSB拡張ボードなど、ぶっちゃけこれ使わないでしょというPCパーツと一緒にバンドル販売されてしまいます。OS単体の金額に、バンドル販売されるPCパーツの金額も少なからずプラスされてしまって余計に高くなります。

 

それだったら、Windows 10への無償アップグレードを利用してWindows 10にした方が安く済むよねという話です。

Windows 10の個人向けエディションはHomeとProがラインナップされています。Windows 8.1からWindows 10へ無償アップデートした場合、Windows 10のDSP版を買うよりもHomeだと3000~4000円、Proだと1000円安くなります。

Proの場合は地味な価格差ですが、Homeの場合は結構な価格差があります。3000円はデカいですよ。3000円あれば他のPCパーツの予算に回せます。

 

以上。参考になれば幸いです。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
DSP版Windows 10はパーツとのバンドル販売(セット販売)必須に
NEXT
OCNモバイルONEが自社アプリの通信量を含めない「カウントフリー機能」の提供開始

コメント

  1. 匿名 より:

    安くなる利点はありますが、クリーンインストールでない故の不具合の可能性も考慮する必要もあると思われます

    • 公安9課 Daisuke Aramaki より:

      そうですね。
      そもそもクリーンインストールだろうが7や8.1からのアップデートだろうが不具合が起きる事自体あってはならないんですけどね。

  2. tokumei より:

    Win8.1のDSP版からアップグレードしたWin10はDSPではなくなってしまうようです
    つまりハード(マザーボードなど)の変更はできなくなってしまう
    Win10の認証はハード構成のみを使用するようだ。
    だからわざわざWin10DSP版を高い値段で売っているようだ
    (Win10DSPには個別のプロダクトキーがついてきて、それで認証)
    まあ一般の人はマザーは換えないですよね。ハードが壊れればOSごと買い替えならOKですが。
    これでMSもハードメーカーももうかる新しいビジネスモデルです。
    以上間違っていたらご指摘ください(間違いのほうが自分もうれしい)

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。