公安9課

*

DisplayPort, HDMI, DVI-D, DVI-I, D-Sub変換ケーブル・アダプタについてのまとめ

   

DP-HDMI3

DisplayPort, HDMI, DVI, D-Subなどの映像入出力端子がない時に使う、変換ケーブル・変換アダプタが本当に使えるのかどうかのまとめ。

目次

早見表

パソコン側の端子
(出力側・変換前)
液晶ディスプレイ側の端子
(入力側・変換後)
変換ケーブルや変換アダプタで
変換できる?できない?
【DisplayPort】
DisplayPort miniDisplayPort = 変換できる
DisplayPort HDMI = 変換できる
DisplayPort DVI-D = 変換できる
DisplayPort DVI-I = 変換できる
DisplayPort D-Sub = 変換できる
【mini DisplayPort / Thunderbolt】
mini DisplayPort DisplayPort = 変換できる
mini DisplayPort HDMI = 変換できる
mini DisplayPort DVI-D = 変換できる
mini DisplayPort DVI-I = 変換できる
mini DisplayPort D-Sub = 変換できる
【HDMI】
HDMI  DisplayPort = 変換できない
HDMI miniDisplayPort = 変換できない
HDMI DVI-D = 変換できる
HDMI DVI-I 変換できる
HDMI  D-Sub = 変換できる
【DVI-D】
DVI-D DisplayPort = 変換できない
DVI-D miniDisplayPort = 変換できない
DVI-D HDMI =  変換できる
DVI-D DVI-I = DVI-Dケーブルがそのまま使える
DVI-DはDVI-Iと互換性あり
 DVI-D D-Sub = 変換できる
DVI-Dはデジタル専用、D-Subはアナログ専用だが、
デジタルからアナログに
変換するアダプタ(コンバーター)が存在する
 【DVI-I】
DVI-I DisplayPort = 変換できない
DVI-I  miniDisplayPort = 変換できない
DVI-I HDMI = 変換できる
DVI-I DVI-D = DVI-Dケーブルがそのまま使える
DVI-IはDVI-Dと互換性あり
DVI-I D-Sub = 変換できる
DVI-Iはデジタルだけでなくアナログも兼用している
D-Sub(VGA)はアナログ専用
【D-Sub】
D-Sub DisplayPort = 変換できない
D-Sub  miniDisplayPort = 変換できない
D-Sub  HDMI = 変換できない
D-Sub  DVI-D = 変換できない
D-Sub  DVI-I = 変換できる

 

変換ケーブル・変換アダプタには複数種類あり

DP-HDMI3

片方が出力側端子、もう片方が入力側端子になっているタイプのケーブル。この画像だとDisplayPort端子→HDMI端子。

HDMI-DSub-Adapter3

HDMI-DSub-Adapter2

ケーブルとケーブルの間に噛ませるタイプ。

出力側端子→ケーブル→[変換アダプタ(変換され入力側端子に)]→ケーブル→入力側端子。

HDMI-DSub-adapter

パソコン側の端子に変換アダプタを繋ぎ、変換アダプタ側の端子と液晶ディスプレイ側の端子をケーブルで接続するタイプ。

出力側端子→[変換アダプタ(変換され入力側端子に)]→ケーブル→入力側端子。

変換アダプタ・ケーブルは伝送方向が決まっている

変換アダプタや変換ケーブルは伝送方向が決まっています。「AからBに変換できる」「BからAにも変換できる」というパターン、「AからBに変換できる」「BからAには変換できない」という2つのパターンがあります。

AからBに変換できて、BからAにも変換できるパターン

たとえば、「Amazon | Amazonベーシック HDMI-DVI 変換ケーブル – 1.8m (タイプAオス- DVI24pinオス) | 家電&カメラ オンライン通販」の説明文には以下のように記載されています。

DVIを備えるパソコンや機器などから、HDMIを装備するハイビジョンテレビやディスプレイに接続することができ、ノートパソコンで見ていたビデオを大画面のハイビジョンテレビで見たり等といったことが可能です。または、HDMIを備えるプレイステーション3やXbox360等のBlue-ray機器から、DVIを備えるモニターやテレビなどへの接続も可能でしょう

AからBに変換できるが、BからAに変換できないパターン

たとえば、「MacLab. DisplayPort ( ディスプレイポート ) – HDMI 変換 ケーブル 1.8m ブラック オス ・オス 【相性保証付き】」の製品画像や説明文には以下のように記載されています。

DP-HDMI

DP-HDMI2

Displayportを搭載したPCなどから、HDMIポートを搭載したディスプレイやテレビなどを接続してご利用頂けます。

※PC側のHDMIポートから、ディスプレイ側のDisplayPortへの接続ではご利用頂けませんのでご注意下さい。

 

相性が悪くて変換できても映像が映らない可能性がある

変換ケーブルやアダプタを使って変換しても映像が映らない、液晶ディスプレイ側で「信号が受信されない」と表示されるケースもあります。Amazonで低評価つけてる人は「使用している機器との相性が合わなかった」人です。

こればっかりは実際に接続してみないとどうしようもありませんが、メーカーによっては返品保証をつけているところもあります。

D-Subは著作権保護技術(HDCP)非対応

D-Sub端子はアナログなので著作権保護技術(HDCP)に非対応です。

注意

記事にするにあたって変換パターンは網羅しているつもりですが、製品数数が多いため間違いがある可能性もあります。購入前には一度ご確認下さい。

DisplayPort端子を変換

パソコン側のDisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のHDMI端子に変換

パソコン側のDisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のDVI-D/I端子に変換

パソコン側のDisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のD-Sub端子に変換

mini DisplayPort(Thunderbolt)を変換

パソコン側のmini DisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のDisplayPort端子に変換

パソコン側のmini DisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のHDMI端子に変換

パソコン側のmini DisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のDVI-D/I端子に変換

パソコン側のmini DisplayPort端子→液晶ディスプレイ側のD-Sub端子に変換

HDMI端子を変換

パソコン側のHDMI端子→液晶ディスプレイ側のDVI-D/I端子に変換

パソコン側のHDMI端子→液晶ディスプレイ側のD-Sub端子に変換

DVI端子を変換

パソコン側のDVI-I端子を液晶ディスプレイ側のD-Sub端子に変換

パソコン側のDVI-D端子を液晶ディスプレイ側のD-Sub端子に変換

D-Sub端子を変換

パソコン側のD-Sub端子を液晶ディスプレイ側のDVI-I端子に変換

BUFFALO DVIアナログ変換ディスプレイケーブル フェライトコア付き 同軸タイプ BSDCDA15 | バッファロー | VGAケーブル

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Lenovoの12型タブレット「ideapad MIIX 700」購入で3万円キャッシュバック!
NEXT
メモリのデュアルチャネルのやり方・効果について

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。