公安9課

*

東芝製ノートPCのバッテリーの交換・回収プログラム実施。150機種で発煙・発火の可能性

   

TOSHIBA-logo

東芝製ノートPC搭載バッテリーパックの交換・回収プログラムが実施されています。

東芝は2016年1月28日、2011年6月から2015年3月までに製造した東芝製ノートパソコンに搭載されたバッテリーパック(パナソニック製造)の一部プロットにおいて不具合があり、発煙・発火に至る可能性があることが判明したと発表しました。

これを受け東芝は、対象製品ユーザーに今後共安心して使用してもらうために、日本国内向け機種を対象としたバッテリーパックの交換・回収プログラムを実施し、対象のバッテリーパックを無償交換することを表明しました。使用しているパソコンに搭載されているバッテリーパックが交換対象かどうかの確認方法と交換の申し込みについては、専用のウェブサイトで案内されます。

自主交換対象バッテリーパックおよび機種一覧

交換対象のバッテリーパックが搭載されたパソコンを使用している人は、バッテリーパックをパソコン本体から取り外し、バッテリーパックの使用を直ちに中止してほしいとのこと。対象パソコンはバッテリーパックを外した状態で使用してもらい、取り外したバッテリーパックの取り扱いについては手元の「取扱説明書」と「安心してお使いいただくために」に記載の留意事項を確認してください。

使用しているパソコンに搭載されているバッテリーパックが交換・回収プログラムの対象であるかの確認、および交換対象である場合の申し込みについては「東芝バッテリーチェックユーティリティーを使用して確認する方法」「バッテリーの情報を入力して確認する方法」のいずれかの手順で確認できます。

なお、2011年6月以降に予備・交換用バッテリーパックを購入した人、修理サービスを受けバッテリーパックを交換した人も交換・回収プログラムの対称となる場合があるので確認しておきましょう。

 

心あたりがある人はバッテリーパックの交換・回収プログラム情報を参照してください。

 

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ファーウェイが高コスパなミドルレンジSIMフリースマホ「HUAWEI GR5」発表
NEXT
Yahoo! Wi-FiのGL10Pが数量限定で月額1980円で利用できるキャンペーン実施中

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。