*

Thermaltakeのサイドフロー型CPUクーラー「Riing Silent 12」シリーズ発売

   

Riing Silent 12 Blue

Thermaltakeのサイドフロー型CPUクーラー「Riing Silent 12」シリーズが発売されます。

アスクは2016年4月11日、Thermaltake社製サイドフロー型CPUクーラー「Riing Silent 12」シリーズの2製品を発売すると発表しました。発売は4月15日を予定しており、本体価格は税抜5280円となっています。

Riing Silent 12シリーズのスペックは以下の通り。

製品名 Riing Silent 12 Blue Riing Silent 12 Red
型番 CL-P022-AL12BU-A CL-P022-AL12RE-A
材質 銅、アルミニウム
ヒートパイプ 4本(直径6mm)
ファン 120mm Blue LEDファン×1(PWM対応) 120mm Red LEDファン×1(PWM対応)
ファン回転数 500~1,400rpm(LNC使用時:300~700rpm)
最大風量 53CFM
ノイズレベル 18±1dBA(LNC使用時:13±1dBA)
本体サイズ 74(L)×140(W)×159(H) mm
重量 825g
対応CPUソケット Intel:LGA 2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150/775
AMD:FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2
製品公式(アスク) Riing Silent 12シリーズ 製品情報 Thermaltake CPUクーラー | 株式会社アスク

 

iing-silent-12

Riing Silent 12シリーズは、独自設計の120mmファンを採用することにより、高い冷却性能と静音性を両立した空冷CPUクーラー。

11枚のファンブレードと独自形状の「Wind Blocker Frame」を採用したカラフルなLEDリング付き120mmファンを搭載しており、高い静圧性と優れた冷却性能を実現。また、ノイズとファン回転数をさらに低く抑えることが可能な「Low-Noise Cable」を付属しており、ノイズレベルは最大約29%、ファン回転数は最大約50%低減することが可能です。

ヒートシンクには直径6mmの銅製ヒートパイプ4本と0.4mmサイズのアルミフィンを採用。ダイレクトヒートパイプ方式により効率的な熱伝導を実現するほか、スリムな形状でパーツとの干渉を気にすることなく設置可能です。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Thermaltakeの256色LEDファン付き水冷一体型CPUクーラー「Water 3.0 Riing Edition」発売
NEXT
マウスコンピューターの13.3型FullHDノート「LuvBook Jシリーズ」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。