公安9課

*

Thermaltakeより独自ファンと大型ヒートシンク搭載のCPUクーラー「Riing Silent 12 Pro」発売

   

Riing Silent 12 Pro

Thermaltakeより独自ファンと大型ヒートシンク搭載のCPUクーラー「Riing Silent 12 Pro」が発売されます。

アスクは2016年9月2日、Thermaltake社製CPUクーラー「Riing Silent 12 Pro」を9月9日に発売することを発表しました。色はブルーとレッドの色で、予想市場価格は税抜6480円前後。

Riing Silent 12 Proのスペックは以下の通り。

製品名 Riing Silent 12 Pro Blue Riing Silent 12 Pro Red
材質 銅、アルミニウム
ヒートパイプ 5本(直径6mm)
ファン 120mm Blue LEDファン×1(PWM対応) 120mm Red LEDファン×1(PWM対応)
ファン回転数 500~1,400rpm(LNC使用時:300~700rpm)
最大風圧 1.23mmH2O
最大風量 53CFM
ノイズレベル 19dBA(LNC使用時:12dBA)
ベアリング方式 ハイドロリックベアリング
定格電圧 DC 12V
定格電流 0.21A
入力 2.52W
コネクタ 4ピン
本体サイズ 140(L)×102(W)×160(H) mm
重量 884g
対応CPUソケット Intel:LGA 2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150/775
AMD:FM2/FM1/AM3+/AM3/AM2+/AM2
 製非公式 Thermaltake – Japan – Riing Silent 12 Pro Blue CPU Cooler – CL-P021-CA12BU-A
Thermaltake – Japan – Riing Silent 12 Pro Red CPU Cooler – CL-P021-CA12RE-A

 

Riing Silent 12 Pro-1

Riing Silent 12 Proは11枚のファンブレードと独自形状の「Wind Blocker Frame」を採用した120mmファンを搭載。加圧した空気をブレードの外側に流すことで圧縮効果を生み出し、ブレード中央部へ誘導することにより高い制圧製と優れた冷却パフォーマンスを実現しています。

回転抵抗を低減させた「ハイドロリックベアリング」を採用しており、より高い冷却性と高寿命を実現しています。

大型ヒートシンクに5mm径の銅製ヒートパイプ5本と、厚さ0.5mm、エアギャップ2.7mmのアルミフィンを採用。熱伝導率を高め優れた冷却性能を実現。さらに、ファンとアルミフィンをタイトに設置させるファンクリップを搭載し、ファンの取り外しがしやすくメンテナンス性も優れています。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSよりRadeon RX480/470/460搭載ビデオカード「ROG STRIX」モデル3製品発売
NEXT
IntelのCPUの末尾についているK, S, Tなどのアルファベットについて

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。