公安9課

*

Thermaltakeより幅約14cmのスリムPCケース「Core G3」発売

   

core-g3

Thermaltakeより幅約14cmのスリムPCケース「Core G3」が発売されます。

アスクは2016年9月12日、Thermaltake社製のスリムATXケース「Core G3」を9月16日に発売することを発表しました。予想市場価格は税抜8980円。

Core G3の仕様は以下の通り。

製品名 Core G3
ケースタイプ ミドルタワー(スリムATX)
材質 SPCC
対応マザーボード ATX、microATX、Mini-ITX
対応電源 SFX電源
対応グラフィックスボード フルサイズ(フロントファン搭載時:最大310mm)
対応CPUクーラー 全高110mm
拡張スロット 2
ドライブベイ 内部3.5/2.5インチ共用×2
搭載可能ラジエータ 前面:240mm×1
搭載可能ファン 上面:120mm×1
前面:120mm×2
付属ファン 前面:120mmファン×2 (1000rpm, 16dBA)
I/Oポート USB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法 140(W)×454(H)×371(D) mm
重量 4.2kg
製非公式 Thermaltake – Japan – Core G3 – CA-1G6-00T1WN-00
Core G3 製品情報 Thermaltake ミドルタワー型PCケース

 

core-g3-1

Core G3は幅約14cmとスリムな筐体ながら、付属のライザーケーブルを使用することにより、最大310mmまでのハイエンドグラフィックスボードを搭載可能。パフォーマンスに優れたシステムの構築や、水冷PCの構築が可能です。縦置き横置き2通りの設置に対応しており、好みの設置方法を選べます。

フロントには120mmファンを2基標準搭載、トップには12mmファンを1基搭載可能。ケース各所には取り外し可能なダストフィルターを装備しています。また、フロントには最大240mmサイズまでの水冷ラジエータが搭載可能で、多くの冷却オプションに対応しています。

ドライブベイは内部3.5/2.5インチ共用×2。5.25インチベイが無いのでOSのインストールはUSB経由となります。拡張スロット数は2なので、グラフィックスボードの占有スロット数には注意が必要です。中には3スロット分占有するものがあります。

 

拡張性はほぼありませんが、キューブ型ケースは嫌だけどスリムPCを組みたいという人にオススメします。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Thermaltakeの開閉式フロントパネル採用のミドルタワーPCケース「Versa U21」発売
NEXT
2016年秋冬モデルのASUS TransBookシリーズ3機種が発売延期

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。