公安9課

*

Surface Bookが予約受付開始

   

SurfaceBook

Surface BookがMicrosoft Storeにて予約受付を開始しています。

Surface Bookが予約受付開始

2016年1月13日にSurface Bookが日本で発売されることが正式に発表されましたが、本日より予約受付を開始しています。

Surface Bookの製品構成および価格

Surface Bookの製品構成および価格は以下の通り。

製品 税込参考価格 発売日
一般向け 法人向け
Surface Book:文教向けモデル
(CPU:Core i5、メモリ:8GB、記憶域:128GB)
18万4809円 2016年2月4日
Surface Book
(CPU:Core i5、メモリ:8GB、記憶域:128GB)
22万1184円 20万6064円
Surface Book
(CPU:Core i5、メモリ:8GB、記憶域:256GB、外部GPU搭載モデル)
26万9784円 25万4664円
Surface Book
(CPU:Core i7、メモリ:8GB、記憶域:256GB、外部GPU搭載モデル)
29万1384円 27万6264円
Surface Book
(CPU:Core i7、メモリ:16GB、記憶域:512GB、外部GPU搭載モデル)
37万2384円 35万7264円

 

価格は税込価格に修正しています。一番安価なモデルはCore i5/メモリ8GB/SSD128GBで22万1184円とそこそこ良いお値段。1つ上のモデルになるとSSDが256GBに増量し、外部GPUが搭載されます。最上位モデルにいたっては37万2384円ともう40万近いかなり高額な価格。手が非常に出しづらいです。

Surface Book スペック

製品名 Surface Book
分類 2in1
OS Windows 10 Pro
画面サイズ 13.5インチ
解像度 3000×2000(3:2), 267ppi
マルチタッチ 10点
ペン Surface Pen
(感圧1024レベル)
CPU(第6世代) Core i7
Core i5
グラフィックス Intel HD Graphics 520(Core i7, i5)
NVIDIA GeForce 1GB GDDR5(キーボード側)
※タブレット時はIntel HD Graphiscを, ノートPC時はNVIDIAを使用
メモリ 8GB or 16GB
ストレージ(PCI3 3.0 SSD) 128GB or 256GB or 512GB
マイク デュアルマイク(前後)
スピーカー ステレオ(Dolby audio)
前面カメラ 500万画素
背面カメラ 800万画素
AF
1080p撮影対応
Wifi IEEE802.11 a/b/g/n,
ac 2×2 MIMO
Bluetooth Bluetooth 4.0 LE
センサー類 環境光センサー
加速度センサー
ジャイロセンサー
磁力センサー
バッテリー駆動時間 最大12時間(動画再生時)
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
312.3×220.2×7.7mm(タブレット単体)
312.3×232.1×13~22.8mm(+キーボード)
重量 726g(タブレット単体)
1515g(GPUなしモデル)
1579g(GPU付きモデル)
【搭載ポート類】
USB 3.0ポート 2
mini DisplayPort 1
microSDカードリーダー
(UHS-I Performance)
SDカードリーダー
(UHS-II Performance)
1
オーディオジャック 1
Surface Connect 1

 

Surface Bookは13.5インチで3000×2000の液晶を搭載し、CPUはCore i5またはCore i7、メモリ最大16GB、ストレージ最大512GB、外部GPU付きというこれでもかとスペックを盛ってきているのが特徴。Windows版MacBook Proみたいな感じです。バッテリー駆動時間もカタログスペックで最大12時間と申し分なし。ただし重量が1.6kg近くなるので、持ち運びする際には肩に負担がかかるかもしれません。

SurfaceBook-2

Surface Bookはタブレットとキーボードが取り外しが可能になっており、タブレットとして利用する場合はCPUの内蔵グラフィックスを、ノートパソコンとして使用する場合はノートパソコン側に内蔵されているNVIDIA GeForce 1GB GDDR5を使用する仕組みになっています。

先述した通りに一番安価なモデルでも22万スタートなので予算オーバーという人もいるのではないでしょうか。よほどのお金持ちな人以外はどこかを妥協しないといけないかもしれません。予算が潤沢にある人はスペックに妥協せずにいきたいですね。

性能と価格のバランスがよさそうなのは、Core i7/メモリ8GB / SSD256GB / 外部GPU搭載モデル。メモリ8GBなので必要十分ですし、SSDも256GB程度あれば出先だけで作業する人には必要十分でしょう。OneDriveなどのクラウドストレージを活用して出先でも家でも作業ができるように連携させておきましょう。

 

予約・購入はMicrosoft Storeより。

Surface Book



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Logicool ワイヤレスモバイルマウス MX Anywhere 2(MX1500)レビュー
NEXT
【2016年版】オススメなPCゲーマー向け液晶ディスプレイまとめ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。