公安9課

*

SoftBankのハイスピードIGZO搭載スマホ「AQUOS Xx3」発売

   

AQUOS-Xx3-1

SoftBankのハイスピードIGZO搭載スマホ「AQUOS Xx3」が発売されます。

SoftBankは2016年6月7日、動きの激しい映像の視聴時や画面のスクロール時でもなめらかに表示できる「ハイスピードIGZO」を搭載したシャープ製スマートフォン「AQUOS Xx3」を、2016年6月10日に発売することを発表しました。

AQUOS Xx3のスペックは以下の通り。

OS Android 6.0 Marshmallow
ディスプレイ 約5.3インチ フルHD(1920×1080ドット)
ハイスピードIGZO液晶(最大1,677万色)
CPU Qualcomm Snapdragon 820
クアッドコア(2.2GHz×2+1.6GHz×2)
メモリ RAM3GB/ROM32GB
外部メモリ microSDXCカード(別売)最大200GB
カメラ メイン : 有効画素数約2260万画素CMOS
サブ : 有効画素数約500万画素CMOS
WiFi IEEE 802.11abgnac(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.2
最大通信速度(下り上り) 262.5Mbps37.5Mbps
サイズ(幅×高さ×厚さ)重さ 約149×73×7.6mm約155g
連続通話時間
連続待受時間
W-CDMA網 約1790分/約620時間(静止状態)
GSM網 約800分/約585時間(静止状態)
FDD-LTE網 約1690分/約545時間(静止状態)
AXGP網 約540時間(静止状態)
連続視聴時間 ワンセグ 約15.5時間
フルセグ 約9.5時間
防水防じん IPX5、IPX8IP5X
電池容量 3000mAh
カラーバリエーション ホワイト、アクアブルー、アンバーブラック

 

AQUOS-Xx3-2

AQUOS-Xx3-3

AQUOS-Xx3-4

 

120Hzの高速液晶駆動を実現する「ハイスピードIGZO」を搭載。動きの激しい映像の視聴時や、画面のスクロール時でも、なめらかにくっきりとした描画が可能です。また、高い色の再現力を実現する「S-PureLED」により、これまで表現することが難しかった微妙な色合いも再現します。さらに、大容量3,000mAhバッテリーと省電力技術により、3日間を超えても安心して利用できる電池持ちを実現しています。

メインカメラはリコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certified」を取得した有効画素数約2260万画素のカメラを搭載。また、新開発のズームや光学手ブレ補正機能、約0.4秒の高速起動、0.02秒のハイスピードオートフォーカスにも対応しており、従来よりも素早くカメラを起動して被写体を撮影することが可能です。サブカメラには、有効画素数約500万画素の広角レンズを採用し、ワイドで高精細な「自撮り」撮影ができます。さらに、美肌に補正できる機能など「自撮り」撮影を楽しめる機能を搭載しています。

使っている人の利用方法や好みに応じて成長していき、適切なタイミングでメッセージを語りかけてくれる機能「エモパー4.0」を搭載。また、生活リズムに合わせて自動で目に優しい明るさに調整する機能「リラックスオート」を追加。ブルーライトをカットする機能に加え、バックライトや着信などを知らせるLEDライトの明るさを就寝時には控えめな点灯に自動で切り替えることなどが可能です。

 

AQUOS Xx3の購入はSoftBankオンラインショップにて。

AQUOS Xx3(アクオス ダブルエックス3)



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
LenovoのオールインワインPC「ideacentre AIO 510S」「ideacentre AIO 910」発売
NEXT
台数限定!GMOとくとくBBのW01契約で3万3000円キャッシュバック!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。