公安9課

*

Seagate「Archive HDD」シリーズスペックまとめ

    [最終更新日]2015/03/03 12:00

 SeagateSeagateの「Archive HDD」シリーズスペックまとめ。


Seagate Archive HDDシリーズはクラウドやストレージ向けのHDD。最大で8TBと非常に大容量なのでデータの保存、録画鯖のストレージして非常に最適なHDD。OSなどのシステムドライブとしての使用は向いていないようです。

製品名 ST8000AS0002 ST6000AS0002 ST5000AS0011
容量 8TB 6TB 5TB
インターフェース SATA 6Gb/s(SATA3)
回転数 5900rpm
キャッシュ 128MB
平均データ転送速度 150MB/s 150MB/s 146MB/s
最高連続データ転送速度 190MB/s 190MB/s 180MB/s
平均故障時間(MTBF) 80万時間
保証期間 3年間

 

データを屋根瓦のように重ねて書き込むシングル磁気記録(SMR)によってディスク1枚の1インチあたりのトラック数を最大化させることで容量を 25%以上拡大させており、8TBモデルのディスク枚数は6枚で1プラッタあたりの容量は1.33TB、5TBモデルで1.25TBと高密度な設計。高速性よりも容量や電力効率を重視した設計になっています。他にも回転振動を検出して性能低下を防ぐ回転振動センサー、湿度センサーも搭載しています。

また、Archive HDDシリーズの8TBのHDDは他社の同じ容量のHDDと比べてかなり安いということが特徴の1つ。HGSTの8TBのHDD「HUH728080ALE600」は約8万円ほどしますが、このArchive HDDシリーズの8TBモデル「ST8000AS0002」は約4万円と半額の値段で購入出来るため非常にコストパフォーマンスがいいです。5TB, 6TBモデルになってくるとWD RedやGreenなどの方が安いですが…。8TBのHDDを買うなら安さならSeagateのST8000AS002一択でしょう。

 

3ch同時に15時間録画しても3週間分は録画出来るという脅威の容量。そんな録画しないよという人、複数あるHDDを1つにまとめたい人にもオススメです。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Core i7-5557U搭載NUC「NUC5i7RYH」のスペックが判明
NEXT
Dell Venue 10 Proシリーズが台数限定で最大4000円オフになるキャンペーン

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。