公安9課

*

Samsungが12インチ・2in1Windowsタブレット「Galaxy TabPro S」発表

   

GalaxyTabProS

Samsungが12インチで2in1のWindowsタブレット「Galaxy TabPro S」を発表しました。

GalaxyTabProS-1

Samsungは2016年1月6日、12インチで2in1のWindowsタブレット「Galaxy TabPro S」を発表しました。

Galaxy TabPro Sはオフィスや自宅で生産性を最大化しようとしているユーザーのニーズに応える2in1タブレットで、Windows 10 HomeやWindows 10 Proのどちらかが選択可。キーボードカバーが付属しているので、ノートパソコンのようなスタイルでの利用も可能です。Wi-FiモデルとLTEモデルが用意されており、どちらも薄さは6.3mmで、重さはWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696gモデル。

スペックは以下の通り。

Galaxy-TabPro-S-Spec-Final-2

液晶はWindows 10搭載タブレットでは初となるSuper AMOLEDディスプレイを採用し、解像度は2160×1440。OSはWindows 10 HomeかWindows 10 Pro、CPUはデュアルコアで2.26GHz駆動のIntel Core mプロセッサ、メモリは4GBでストレージは128GBか256GB、無線LANはIEEE82.11 a/b/g/n/acでMIMO, Wi-Fi Directに対応、BluetoothはBluetooth 4.1、NFCチップを搭載。

カメラは表裏どちらも500万画素のカメラ、GPSはGPSとGLONASS、センサーは加速度センサー・ホールセンサー・光センサーを搭載しています。Windowsタブレットとしては初めてLTE Cat 6に対応しており、理論上は下り最大300Mbpsで通信が可能です。

バッテリー容量は5200mAhで、高速充電機能により2.5時間でフル充電が可能で、最大10.5時間駆動するとのこと。消費電力わずか4.5Wの最新世代のIntel Core mプロセッサを搭載しているおかげかもしれません。

GalaxyTabProS-2キーボードカバーはポゴピン接続。

 

Surface Pro 4よりも薄型・軽量ではありますが、CPUはCore mのみで変更不可能とCPUが貧弱です。逆に言えばGalaxy TabPro Sの方がSurface Pro 4のCore m搭載モデルよりも魅力的ではあります。メモリやストレージはこれだけあればまぁ良いかな、という感じ。

しかし、液晶ディスプレイで採用されているSuper AMOLEDは結局有機EL。Galaxyのスマホを使ったことがある人なら分かると思いますが、長期間使用しているとウィンドウやステータスバーの形が焼き付きそうですね。

 

 

 

情報元 : Samsung Unveils Galaxy TabPro S, 2-in-1 Tablet with Windows 10 Optimized for Productivity and the Best in Mobility | SAMSUNG NEWSROOM



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
LGが15.6型で世界最軽量980gのノートPC「LG Gram 15」をCES 2016で展示
NEXT
Aterm MR04LNで時刻が表示されない問題の対策ファームウェアが提供開始

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。