公安9課

*

Kaby Lake搭載GIGABYTE BRIXスペックまとめ

   

kabylake-brix

Kaby Lake搭載GIGABYTE BRIXスペックまとめ。

台湾GIGABYTEは2016年10月11日、Intelの第7世代CPU「Kaby Lake」を搭載して刷新したコンパクトPC自作キット「BRIX」を発表しました。Kaby LakeはSkylake比でグラフィックス性能が10%アップしています。

 

製品公式(BRIX) GB-BKi7A-7500 GB-BKi5A-7200 GB-BKi3A-7100
製品公式(BRIX s) GB-BKi7HA-7500 GB-BKi5HA-7200 GB-BKi3HA-7100
CPU Core i7-7500U
(2.7~3.7GHz)
Core i5-7200U
(2.5~3.1GHz)
Core i3-7100U
(2.4GHz)
グラフィック Intel HD Graphics 620 Intel HD Graphics 620 Intel HD Graphics 620
メモリ DDR4 SO-DIMM
(最大32GBまで認識)
メモリスロット数 2(最大32GBまで認識)
ストレージ M.2スロット×1(type 2280 PCIE, SATA)
SATA3ポート 1
(型番に”H”が入ったモデルは7mm/9.5mm厚の2.5インチSSD/HDDを搭載可能)
拡張スロット(M.2 2230) Intel Dual Band Wireless AC3168搭載済み
(IEEE802.11 ac, Dual Band WiFi / Bluetooth 4.2対応)
LAN Intel I219LM
オーディオ Realtek ALC255
【フロント搭載ポート】
USB3.1 type-C 1
USB3.1ポート×1 1
ヘッドフォンジャック 1
【リア搭載ポート】
HDMI2.0 1(3840×2160@60Hz)
miniDisplayPort 1.2 1(3840×2160@60Hz)
USB3.0ポート 2
LANポート(RJ45) 1
対応OS Windows 10 64bit
製品公式(BRIX) GB-BKi7A-7500 GB-BKi5A-7200 GB-BKi3A-7100
製品公式(BRIX s) GB-BKi7HA-7500 GB-BKi5HA-7200 GB-BKi3HA-7100

 

 

kabylake-brix-1BRIX(2.5インチSSD/HDD搭載不可)

kabylake-brixs-1BRIX s(2.5インチSSD/HDD搭載可)

Intelの第7世代CPU「Kaby Lake」を搭載したGIGABYTE BRIXは、M.2 SSDのみが搭載可能なBRIXと、M.2 SSD+2.5インチSSD/HDDが搭載可能なBRIX sの2つのシリーズで展開されます。モデルはIntel Core i7-7500U、Core i5-7200U、Core i3-7100Uを搭載した3モデルが用意されています。いずれもCPU以外のスペックは同じです。

USB3.1ポートを搭載しており、USB3.0の転送速度5Gb/sの2倍の10Gb/sでの高速転送が可能になっています。また、USB3.1 type-Cも搭載しているため、Type-Cコネクタに対応した様々な機器を接続可能です。

メモリはDDR4-SODIMM×2でDDR4-2133メモリを最大32GBまで認識、PCIe SSDとSATA SSDに対応したM.2スロットを搭載しています。

HDMI2.0ポートとminiDisplayPortを搭載しており、DisplayPortを通じてデイジーチェーン接続することで3画面出力が可能になっています。

 

日本での発売時期は不明ですが、2016年12月~2017年1月頃に発表されるのではないでしょうか。

 

情報元 :GIGABYTE Updates the BRIX with Intel 7th Gen Processors



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【メモリ】DDR4メモリとDDR3メモリの違いについて
NEXT
dodocool タブレット保護スリーブ(12インチ)レビュー

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。