*

MSIよりゲーマー向けのH110採用microATXマザー「H110M GRENADE」発売

   

H110M GRENADE

MSIよりゲーマー向けH110採用microATXマザー「H110M GRENADE」が発売されます。

MSIは2016年8月26日、Intel H110チップセットを採用したmicroATX規格のマザーボード「H110M GRENADE」を8月27日より発売することを発表しました。市場想定価格は税抜9580円。

製品名 H110M GRENADE
チップセット Intel H110チップセット
対応CPU LGA1151(Intel第6世代Coreプロセッサ対応)
フォームファクター microATX
CPUチョーク Dark Choke
コンデンサ 固体コンデンサ
メモリソケット DDR4 DIMM×2(最大32GB)
DDR4-2133対応
ストレージ SATA 6Gbps×4
M.2 20Gbps×1(SATAデバイスを搭載した場合、SATA 4と排他使用)
拡張スロット PCI Express 3.0 x16スロット×1
PCI Express 2.0 x1スロット×2
LAN Intel I219V
オーディオ Realtek ALC887
インターフェース USB 3.0×4(バックパネル×2、ヘッダピン×2)
USB 2.0×6(バックパネル×4、ヘッダピン×2)
PS/2×1
HD Audio(8ch)
Intel I219-V ギガビットイーサネット×1
バックパネルインターフェース PS/2 Keyboard&mouseポート×1
HDMI×1
DVI-D×1
VGA×1
USB3.1 Gen1 type-C×1
USB3.1 Gen1 type-A×1
USB2.0×4
LANポート×1
オーディオジャック×3
製品公式 H110M GRENADE | MSI Global | Motherboard

 

H110M GRENADE-1

H110M GRENADEは、PCI Express 2.0×4(最大20Gbps)またはSATA 6Gb/sに対応したM.2スロットを備えており、小型でより柔軟性のあるパーツ構成が実現できます。バックパネルにはUSB3.1 Gen1 type-Cポートがあり、最新デバイスとの連携も高めています。

ほかの回路からメモリ回路を分離するとともに、高速インターフェースに最適化した配線を施すことにより、ノイズの干渉を低減し、メモリ信号をきれいに保ち、最高のパフォーマンスと安定性を提供する「DDR4 Boostテクノロジー」や、万が一、起動に失敗したときに、その原因となる箇所の特定に役立つ「EZ Debug LED」を搭載しています。

LANコントローラには安定性に優れ、レイテンシの低い接続を実現したIntel I219Vを採用。IntelとMSIが共同開発したMSI GAMING LAN MANAGERにより、ゲームに優先的に帯域を割り振ることも可能です。

 

M.2スロットの転送速度が20Gbpsなのが少し気になるところ。シーケンシャルリードが2000MB/sを超えるM.2 SSDを載せようと思案している人は注意が必要です。そもそもそういう人は廉価なマザーボードは買わないと思いますが…。

安価のゲーマー向けマザーボードを探している人にオススメできそうです。

MSI H110M GRENADE ゲーミングマザーボード MB3691 | MSI



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
PLEXTORのM.2 SSD「M8PeG-08」が本日発売。読込最大2500MB/s実現でヒートシンク付の超高速SSD
NEXT
MSIよりコスパに優れたX99マザー「X99A TOMAHAWK」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。