公安9課

*

エヴァスマホはエヴァのために開発されたものではない

   

evasmapho1

エヴァスマホ「SH-M02-EVA20」はエヴァのために開発されたものではありません。

エヴァスマホの情報まとめ

2015年に新世紀エヴァンゲリオンがテレビ放送開始から20年を迎えることを記念して、「エヴァンゲリオンスマホ」をサポーターの意見を取り入れて開発すると発表されたのが2015年7月。発表当時は「今回は“SIMロック解除”も考慮し、SIMフリースマートフォンを採用することを検討」と記載していました。

そして2015年10月20日にエヴァスマホ「SH-M02-EVA20」のスペックが発表されました。セブン-イレブンにて11月2日10時より受付を開始し、先着3万台の限定販売となります。

製造はシャープ・ベースになるモデルが存在

evasmapho1

このエヴァスマホ「SH-M02-EVA20」はシャープが製造していますが、この規格のために新規でデザインしたものではなく、ベースとなるスマートフォンが存在しており、エヴァのためのスマートフォンではありません。

SH-M02-02

そのスマートフォンは、同じくSHARP製の「AQUOS SH-M02」というスマートフォン。「SH-M02-EVA20」という型番からも読みれますね。ベースになっただけあって外観も似ています。

そして、このAQUOS SH-M02には更にベースとなるスマートフォンが存在します。

AQUOS EVER

そのスマートフォンはdocomoの2015年夏モデルとして販売されている「AQUOS EVER SH-04G」というスマートフォンです。エヴァスマホから見るとベースのベースに位置します。

エヴァスマホとAQUOS SH-M02とAQUOS EVER SH-04Gで本体のサイズが地味に違う、という意見が見受けられましたが、それは単に測定に誤差があったんじゃないですかね。

 

というわけで、エヴァスマホ「SH-M02-EVA20」はエヴァのためのスマートフォンではないということが十二分に分かったと思います。ガワのデザインが変わっただけです。そりゃあまあ新規でスマートフォンのデザインを起こすとなると金もかかるでしょう。

なんというかVAIO Phoneと同じようなガッカリ感がありますね。

エヴァスマホのスペック

エヴァスマホのスペックは以下の通り。

型番 SH-M02-EVA20
OS Android 5.0
ディスプレイ部 約5.0インチ(720×1280ドット HD)
CPU Snapdragon 410 1.2GHz(クアッドコア)
メモリ(内蔵/外部) RAM 2GB, ROM 16GB
最大32GB(microSDHCカード)
カメラ部 [背面]約1310万画素  [前面]約210万画素
無線LAN IEEE 802.11b/g/n(Wi-Fiテザリング対応)
Bluetooth Bluetooth 4.0(BLE)
ネットワーク [LTE] Band 1, 3, 19, 21
[W-CDMA] Band 1, 6, 19
バッテリー容量 2450mAh
サイズ 約134mm×71mm×9.9mm (高さ×幅×厚さ)
質量 約145g

 

エヴァスマホは狭額縁デザイン「EDGEST(エッジスト)」を採用。約5.0インチディスプレイを搭載し、持ちやすい本体サイズを実現しています。また、1310万画 素の高機能カメラやおサイフケータイ、VoLTE通話、伝言メモ(簡易留守録機能)など便利に使用できる機能を搭載しながら、充電を気にすることなく3日間の使用が可能です。

防水(IPX5/7)+おサイフケータイ+赤外線機能を搭載。VoLTEや伝言メモ、緊急地震速報などにも対応しています。

ネットワークはdocomoのLTE クワッドバンドに対応しており、プラチナバンドでの通信が可能になっています。W-CDMAのBand 6, 19にも対応しているのでFOMAプラスエリアでの通信が可能。FOMAプラスエリアが使えるか否かを病的に気にする人も安心です。

値段とスペックが一切釣り合っていない

スペックを見てみると、Snapdragon 410を搭載・RAM2GB・ROM16GBという1~2世代前のスペックになっています。俗にいうミドルレンジのスマートフォンです。

この程度のスペックなのに本体価格は8万4240円。スペックと値段が一切吊り合っていません。同じようなスペックのSIMフリースマートフォンは3万円も出せば購入できますよ。

ベースのベースのAQUOS EVERに価格を3万上乗せして販売

エヴァスマホのベースのベースになったdocomo AQUOS EVER SH-04Gの本体価格は5万4432円。エヴァスマホはそこにプラス3万円上乗せしています。

なお、エヴァスマホにはスペシャルアプリとして365種のオリジナル壁紙や55種の音源データが搭載されているので、上乗せされた3万円はそのデータの料金と思えばいいかもしれません。

信者以外は購入しないでいいんじゃない?

まとめておきます。

「スペックが良くなくても、ベースになったスマートフォンよりも値段が高くても、同じようなスペックのSIMフリースマートフォンが3万円くらいで販売されていても、どうしてもこのエヴァンゲリオンデザインのスマートフォンが欲しい」というファンな人しかオススメしません

 

以上。参考になれば幸いです。

 



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
HTC Desire EYE マリーン フォトレビュー
NEXT
AcerがSIMフリースマホ「Acer Liquid Z530」を発表

コメント

  1. とおりすがり より:

    「ベースモデルがあってそれより高いからガッカリ」には同意しかねます。
    過去のエヴァケータイSH-06A NERVも、エヴァスマホSH-06D NERVも、ベースモデルありましたよ。
    ベースモデルとほぼ同時発売でしたけど、どちらもベースモデルより高かったです。それでも端末デザインとコンテンツ代ということで納得できましたし、当時それも話題になりました。
    今回の違いは、端末が最新機種でないことと、ミドルスペックであること、そして収録コンテンツに魅力が乏しいことでしょうか。
    結論は同意します。「エヴァ信者以外は購入するものではない」です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。