公安9課

*

PLEXTOR PCI Express SSD M6eシリーズスペックまとめ!

    [最終更新日]2015/01/26 23:21

PX-AG-1

PLEXTOR M6eシリーズ「PX-AG128M6e」「PX-AG256M6e」「PX-AG512M6e」のスペックのまとめ。


このM6eシリーズはPLEXTOR初となるプロゲーマー用に最適化されたPCI Express 2.0×2対応の超高速PCI express SSD。PCI Express Gen 2.0×2を使用することで、SATA3のボトルネック(600MB/s)を解消して性能を向上させています。東芝製NANDフラッシュやMarvellコントローラの組み合わせは従来通り。

PLEXTOR M6eスペック

そのままPCI Express接続のSSDとして使うのもいいですが、基板上にM.2規格のSSDが搭載されているのでこのSSDを取り外してZ97, H97マザーボードのM.2スロットに直接SSDを挿す、って使い方もアリです!

製品名 PX-AG512M6e PX-AG256M6e PX-AG128M6e
容量 512GB 256GB 128GB
インターフェース PCI Express2.0×2(×4, ×8, ×16で使用可能)
NANDフラッシュ TOSHIBA 19nm Toggle NAND
コントローラ Marvell 88SS9183
キャッシュ 1GB DDR3 512MB DDR3 256MB DDR3
シーケンシャルリード 770MB/s
シーケンシャルライト 625MB/s 580MB/s 335MB/s
ランダムリード 105,000 IOPS 96,000 IOPS
ランダムライト 100,000 IOPS 83,000 IOPS
設置タイプ 内蔵
PX-AG-9

NANDフラッシュには、高速で信頼度の高い最新のTOSHIBA製19nm Toggle NANDを採用。高速転送と高速なランダムアクセス性能を実現。

PX-AG-8

コントローラはサーバグレードのMarvell 88SS9183を採用。PCI-Express対応のSSDコントローラーを備え、PCI Express 2.0×2の帯域幅によって、従来のSerial ATA接続では実現できなかった超高速データ転送を実現。

PX-AG-3

M6eは最大で1GBのDDR3キャッシュを搭載。使用頻度の高いデータをキャッシュに蓄積することで、フラッシュメモリのアクセスを減らしてデータ処理を高速化させています。フラッシュメモリのアクセスを減らすことでSSD劣化の抑制にもなります。

testing

大手Flexstar社が手掛ける先進のテスト設備で、すべてのSSDにおいて厳密なテストを行っています。48時間連続読み取り、書き込み試験、4000回に及ぶアイドル・スリープ・ハイバネーションモードの繰り返し、250回の起動テストを実施しています。すべてのテストをゼロエラーでクリアした製品のみを出荷することで、業界トップレベルのMTBFと圧倒的な低不良率を実現。

ベンチマーク(CrystalDiskMark)

px-ag128m6e-cdm

px-ag256m6e-cdm
px-ag512m6e-cdm

ベンチマーク結果はカタログスペックに非常に近いものになっています。凄いですね!

検証環境

CPU Core i7-4770K
マザーボード GIGABYTE GA-Z87X-HD3
メモリー VENGEANCE CMZ16GX3M4X1600C9
4GB×4 デュアルチャンネル
グラフィックス オンボードVGA
システムドライブ(OS用) Plextor PX-128M5P
データドライブ Plextor PX-AG256M6e (PCI-EX16スロットに接続)
電源 CORSAIR CP-9020044-JP(AX860)
OS Windows 8 Pro x64

肝心の値段ですが、128GBモデルが2万1000円、256GBモデルが3万5000円、512GBモデルは6万7000円とさすがにSATA3のSSDと比べると高めになっています。ちょっと様子見をしたほうがいいかなぁと思います。

というか値段よりもこっちのほうが重大な問題なのですが、Sandy Bridge世代CPU環境の人だけ速度制限される問題が発生しているようです。この問題は改善に向けて調査中の模様。

LGA 1155マザーボード、Sandy Bridgeマイクロアーキテクチャを採用した、第2世代Coreプロセッサー環境下において速度制限の問題が確認されています。製品出荷時のファームウェア「1.01」において、第2世代Coreプロセッサーを使用時に、CPUが制御するPCIExpressスロットに接続すると転送速度が制限されます。速度制限は既知の問題であり、改善に向けて調査中です。

初物にこういうトラブルはつきものですが早く改善してほしいところですね。とはいえほぼカタログスペック通りのベンチマークスコアを叩き出しているこのM6eシリーズは非常に魅力的な製品です。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
Intel SSD 730 Seriesスペックまとめ
NEXT
コスパ重視!Crucial M500 SSDスペックまとめ!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。