公安9課

*

PLEXTORのM.2 SSD「M7V M.2 2280」スペックまとめ

   

M7V-M2-2280PLEXTORのM.2 SSD「M7V M.2 2280」スペックまとめ。

「M7V M.2 2280」スペック

2016年4月6日にPLEXTORのM.2 SSDの新シリーズ「M7V M.2 2280」シリーズが発表されました。4月中旬より発売開始予定となっています。

製品名 PX-5127VCG PX-256M7VCG PX-128M7VCG
容量 512GB 256GB 128GB
フォームファクタ M.2 type 2280
インターフェース Serial ATA 6Gb/s
コントローラ Marvell 88SS1074B1
NANDフラッシュ 東芝製15nm TLC Toggle NAND
キャッシュ 1GB DDR3 512MB DDR3 256MB DDR3
シーケンシャルリード 560MB/s
シーケンシャルライト 530MB/s 500MB/s
ランダムリード 98000 IOPS 97000 IOPS
ランダムライト 84000 IOPS 51000 IOPS
対応コマンド TRIM, S.M.A.R.T., NCQ, ATA/ATAPI-8
設置タイプ 内蔵
厚さ 6.8mm
MTBF 150万時間
耐久性(TBW) 320TBW 160TBW 80TBW
保証期間 3年間

 

M7V M.2 2280と同時にまた、同時に2.5インチ版の「M7V」シリーズも発表されています。M7Vシリーズとのスペックの違いは、512GBモデルのキャッシュがM7Vは768MB、M7V M.2 2280は1GBというところだけです。

コントローラはMarvell社製のサーバグレードの最新ICコントローラ「Marvell 88SS1074B1」を搭載。NANDフラッシュは高速で信頼度の高い最新の東芝製15nm TLC Toggle NANDを採用することにより、2000回の書き換え回数を実現。メモリの一部をSLCモードキャッシュにすることでアクセスを最小限に抑える「PlexNitro」により、耐久性と信頼性が向上しています。

M7Vの主なスペックはシーケンシャルリード最大540MB/s、シーケンシャルライト最大490MB/s、ランダムリードは最大95000 IOPS、ランダムライトは最大84000 IOPS。

「PlexNitro」 の他にはデータを安全かつ確実に隠蔽して保存できる「PlexVault」、ユーザーエクスペリエンスとシステム性能に影響を与えることなくより多くのストレージ容量を提供する「PlexCompressor」、アクセス速度性能を加速しながらSSDの寿命を延長する「PlexTurbo」などを搭載しています。

 

SATA接続のM.2 SSDなのでZ97, H97マザーボードで使用しても性能をフルに発揮出来ます。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
ASUSよりAtom x5-Z8350搭載スティックPC「ASUS VivoStick TS10」発売
NEXT
PC上でPS4のゲームをプレイ!PS4のリモートプレイマニュアル

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。