公安9課

*

MSIのRadeon R7 360搭載グラフィックスカード「R7 360 2GD5 OCV1」発売

   

R7 360 2GD5 OCV1

MSIのRadeon R7 360搭載グラフィックスカード「R7 360 2GD5 OCV1」が発売されます。

MSIは2016年5月12日、AMD Radeon R7 360を搭載したグラフィックスカードの新製品「R7 360 2GD5 OCV1」を5月13日より発売することを発表しました。R7 360 2GD5 OCV1は従来製品「R7 360 2GD5 OC」の後継製品で、スペックの見直しにより低価格化を図っています。市場想定価格は税抜1万2900円。

R7 360 2GD5 OCV1のスペックは以下の通り。

製品名 MSI R7 360 2GD5 OCV1
GPU AMD Radeon R7 360
製造プロセス 28nm
ストリームプロセッサ 768ユニット
メモリ 2048MB GDDR5
メモリインターフェース 128ビット
コアクロック 1,100MHz
メモリクロック 6,000MHz(データレート)
バスインターフェース PCI Express 3.0 x16
ディスプレイ出力 DL-DVI-I×1(2560×1600@60Hz)
HDMI 1.4a×1(4096×2160@24Hz)
DisplayPort 1.2×1(4096×2160@60Hz )
補助電源 6ピン×1
外形寸法 165×110×37mm
製品公式 R7 360 2GD5 OCV1 | エムエスアイコンピュータージャパン

 

R7 360 2GD5 OCV1-1

R7 360 2GD5 OCV1は768ユニットのストリームプロセッサを備えるAMD社最新のミドルレンジGPU「Radeon R7 360」を、リファレンスモデルよりも50MHz高い1100MHzで動作させるOCモデル。

奥行165mmのショート基板を採用したコンパクト設計で、Mini-ITXやmicroATX向けのPCケースにもドライブベイなどの干渉を受けることなく、スムーズな設置が可能です。ディスプレイ出力には、DisplayPort、 HDMI、DL-DVI-Iの3系統をサポートし、AMD独自のディスプレイ同期技術「FreeSyncテクノロジー」、柔軟なマルチディスプレイ構成が可能な「Eyefinityテクノロジー」に対応しており、ゲーミング環境に必要な機能を備えています。

 

とりあえずグラボで3画面出力がしたいという人、4K液晶ディスプレイを60Hz駆動させるためにDisplayPortが欲しい人はこれを買えばよさそうですね。



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
液晶ディスプレイとPS4ソフト同時購入で液晶ディスプレイが最大10%オフ
NEXT
ASUSのXeon E3-1200 v5シリーズ対応C232microATXマザー「E3M-ET V5」発売

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。