公安9課

*

MSIがKaby Lake/第7世代プロセッサ対応の200シリーズマザーを発表

   

MSI-Logo

MSIがKaby Lake/第7世代プロセッサ対応の200シリーズマザーを発表しました。

MSIは2017年1月4日、開発コードネーム「Kaby Lake」で知られるIntelの第7世代デスクトップ向けCore プロセッサに対応する、Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボードを1月6日より発売することを発表しました。

Intel 200シリーズチップセットを搭載したマザーボードは、現行の100シリーズ搭載製品と同様にLGA1151プラットフォームを採用しており、第6世代Core プロセッサもサポートします。逆もしかりで、100シリーズ搭載製品もUEFI BIOSを最新版にアップデートすることによりKaby Lakeを搭載できるようになります。

MSIでは、200シリーズチップセット搭載製品においても、主にプレイするゲームのジャンルごとに快適なハードウェア環境を構築できるバリエーションを備えた「GAMINGシリーズ」と、ビジネスユーザーや一般ユーザー向けに信頼性に優れたプラットフォームを実現する「PROシリーズ」の、2つのシリーズを展開します。

それぞれの第1弾市場投入製品は下記の15製品。各製品の仕様や価格については後日の案内となります。

ENTHUSIAST GAMINGシリーズ

PERFORMANCE GAMINGシリーズ

ARSENAL GAMINGシリーズ

  • H270M MORTAR ARCTIC
  • H270M BAZOOKA

PROシリーズ

 

GAMINGシリーズの中でも、FPSなどの最新ゲームタイトルを快適に楽しめるようにフル機能を搭載したEnthusiast GAMINGには、最新ギガビットLANコントローラのKiller E2500を搭載したモデルを数多く用意するとともに、M.2 SSDの熱問題によるパフォーマンス低下を防ぐM.2 Shieldなどを装備し、より優れたパフォーマンスを発揮できるようにしています。

また、USB 3.1 Gen2コントローラに、PCI Express x2接続のASMedia製最新コントローラを搭載し、スループット性能を向上させたLightning USBを採用したモデルを、Enthusiast GAMING全モデルだけでなく、Performance GAMINGやPROシリーズにも用意しています。

さらに、GAMINGシリーズでは、VRヘッドマウントで利用される長尺USBケーブルによる信号の低下や遅延の発生を防ぐVR Boost技術を搭載し、次世代ゲーム環境として期待されるVRコンテンツを安定して楽しめるようにするVR Ready機能をサポートしています。




Y!mobileでは音声SIM申し込みでキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施中です!

公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
【2017年版】PS4/PS4 ProのHDD交換・換装に!オススメSSHD&HDD&SSDまとめ!
NEXT
ASUSがIntel 200シリーズチップセットを搭載するマザーボード14製品を発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。