公安9課

*

MSIオリジナルのGTX1080搭載グラフィックスカード2製品が発表

   

GeForce GTX 1080 GAMING X 8G

MSIオリジナルのGTX1080搭載グラフィックスカード「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」「GeForce GTX 1080 SEA HAWK」2製品が発表されました。

MSIは2016年5月27日、NVIDIAの最新フラッグシップGPUであるGeForce GTX 1080を搭載したMSIオリジナルのグラフィックスカード「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」「GeForce GTX 1080 SEA HAWK」の2製品を順次市場投入することを発表しました。

GeForce GTX 1080 GAMING X 8Gは近日発売で市場想定価格は未定、GeForce GTX 1080 SEA HAWKは発売予定次期、市場想定価格ともに不明です。

MSI独自基板を採用する「GeForce GTX 1080 GAMING X 8G」 は、ファンブレードのさらなる改良によりエアプレッシャーを高めたトルクスファン2.0と、ヒートパイプ形状を改良したスムース・ヒートパイプにより放熱 性を向上させたTWIN FROZR VIを採用し、低負荷時にはファンの回転を停止するZero Frozrもサポート。

NVIDIAリファレンス設計の「GeForce GTX 1080 Founders Edition」よりも高クロックな、ベースクロック1708MHz(リファレンスは1607MHz)、ブーストクロック1847MHz(同1733MHz)のGPU動作を実現しました。また、8GB搭載するGDDR5Xメモリも、リファレンスの10010MHzより高速な10108MHzでオーバークロック動作させています。

映像出力端子はDisplayPort1.4×3(最大7680×4320@60Hz), HDMI2.0b×1(最大3840×2160@60Hz), Dual-Link DVI-I(最大2560×1600@Hz)を搭載。最大消費電力は180W、補助電源コネクタは6pin×1, 8pin×1。

GeForce GTX 1080 SEA HAWK

「GeForce GTX 1080 SEA HAWK」は、NVIDIAリファレンス基板を採用しながらも、GPUの冷却にCorsair社製水冷ユニット「Hydro H55」を搭載し、メモリやVRMにはファンによる空冷を施すデュアル冷却機構により、GeForce GTX 1080 GAMING X 8Gと同じ高クロック動作に対応しています。

その他スペックはGeForce GTX 1080 GAMING X 8Gとほぼ同一で、ベースクロックは1708MHz、ブーストクロックは1847MHz。映像出力端子はDisplayPort1.4×3(最大7680×4320@60Hz), HDMI2.0b×1(最大3840×2160@60Hz), Dual-Link DVI-I(最大2560×1600@Hz)を搭載。最大消費電力は180W、補助電源コネクタは8pin×1。

 

 

情報元 : GTX 1080 GAMING X 8G | MSI Global

情報元 : GTX 1080 SEA HAWK | MSI Global | Graphics card



公安9課
公安9課の管理人。パソコン・PCパーツ・スマートフォン・格安SIM関連に興味があります。 管理人の誕生日は8月18日ですが、プレゼントはいつでもお待ちしております。Amazon ほしいものリスト2016

  この記事をSNSでシェア



  関連記事




PREV
FSP製PLATINUM電源「PT-850FM」がオウルテックより発売
NEXT
ASUSの重量約910g・Core i7搭載ノート「ZenBook UX390UA」発表

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。